咲くやこの花館

ポリスタキア ネオペンタミア ラン科 タンザニア アマゾンユリ ヒガンバナ科 コロンビア~ペルー 純白の花 芳香 よし。 別名 ギボウシズイセンともいう。 シノルキス グッタータ ラン科 マダカスカル 原産 オヒルギ ヒルギ科 オオサンショウモ 1サンショウモ科 日本へ…
コメント:8

続きを読むread more

川西市 黒川

何度も登場したものばかりですが、時と場所が異なればそれなりに季節を 伝えてくれます。 アオツヅラフジ(青葛藤) ツヅラフジ科 サルトリイバラ(猿捕茨) ユリ科 サネカズラ(実葛) マツブサ科 サネカズラの自生を見るのは、久しぶりです。 ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科 ヤマコウバシ(…
コメント:6

続きを読むread more

咲くやこの花館

アンスリウム・スカンデンス サトイモ科 原産地 西インド諸島~アンデス北部 カトレヤ・カンディダ 原産地 ブラジル南東部~アルゼンチン北東部 マウシラリア・ピクッラツム ラン科 リカステ・マクロフイラ 原産地 メキシコ~南アメリカ北部
コメント:6

続きを読むread more

城崎温泉 カニのバスツアー

毎年 妹が男三兄弟の家族をカニのバスツアーに招待してくれます。 楽しみにしている年中行事です。 カニ尽くしの料理にまんぷくです。ただ残念なことに兄が足が悪くなり参加できなくなりました。 ファミリー 一同妹に感謝です。 カニ料理に 話も弾みます。 北柳通り 商店街 カニ料理
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

ネオペンタス グラキリス ラン科 Neobenthamia gracilis 原産地 タンザニア ビナンガ クーリー ヤシ科 アガペテス セルペンス ツツジ科 ヒマラヤ山麓 h1500~2700m 生えます。 カトレア blue boy "sky pilot" クレロデンドルム スカンデン…
コメント:6

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

コナラ(小楢) ブナ科 小楢が美しい紅葉を見せました。 ツルリンドウ(蔓竜胆) リンドウ科 サルトリイバラ(猿捕茨) ユリ科 この時期 紅い実はめだちます。 ハンノキ(榛の木) カバノキ科 雄花序が垂れ下がっています。 サクラバハンノキ(桜葉榛の木) カバノキ科 茶紫の雄花序が垂れ下がり…
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

ハナアナナス パイナップル科 ハナアナナス パイナップル科 ペルー北西部 グズマニア ベルテロニアナ パイナップル科 原産地 パナマ ドミニカ~プエルトリコ ロファンテラ ラクテスケンス キントラノオ科 原産地 ブラジル ブラジル各地で観賞用に植えられ 街路樹にも使われま…
コメント:8

続きを読むread more

五月山 公園

トベラ(扉) トベラ科 海岸に多く生えます。 公園の木 人が植えたものです。 紅い種子が顔を出しました。鳥がやってくるでしょう。 イヌビワ(犬枇杷) クワ科 雄株ばかりで果実は無味です。 クマノミズキ(熊野水木)ミズキ科 黄葉が残っていました。 ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科 黄…
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

パワーシア・リデリアナ ユリ科 Haworthia ryderiana 原産地 南アフリカ ケープ アフリカバオバブ アオイ科 原産地 南アフリカ マダカスカル 果実は甘く食べられます。 甘酸っぱくラムネに似た味がするそうです。 アアソウカイ(亜阿相界) キョウチクトウ科 和名のアアソウカ…
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

ステノリンコス スペキオスム ラン科 原産地 メキシコ~ペル グロキスニア シルヴァティカ Gloxinia cylvatica イワタバコ科 原産地 ペルー ポリビア プリムリナ ブルームーン Primulina Gesneriaceae イワタバコ科 ベゴニア ク…
コメント:6

続きを読むread more

北雲雀 きずきの森

マユミ(真弓) ニシキギ科 赤橙色の仮種皮に包まれた種子が顔を出します。 ガマズミ レンプクソウ科 多くの虫こぶが見られます。 フユイチゴ(冬苺) バラ科 この森では多く見かけます。 タカノツメ(鷹の爪) ウコギ科 ウコギ科特有の 淡い黄色の葉 秋の風情を伝えます。 見晴台よ…
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

フクシア パニグラタ アカバナ科 Fuchsia paniculata 原産 メキシコ~パナマ ヘンケリア "モーニー×ワルケリ" イワタバコ科 moonii×walkein 園芸品種です。 アキメネス メキシカナ イワタバコ科 Achimenes mexicana メキシコ 原産 …
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

アッサム・ニオイザクラ アカネ科 原産地 ヒマラヤ 中国雲南省 原産地 夏は冷涼で冬は暖かい地域といえます。 イソクラコッキネア アカネ科 Ixora coccinea 原産地 インド バナナ バショウ科 キヤニモモ(黄脂桃) オトギリソウ科 マンゴスチンの仲間です。 …
コメント:8

続きを読むread more

宝塚市 西谷

宝塚西谷の森公園 餅つき大会 スタッフとして参加 大勢の家族連れが参加いたしました。 きな粉と砂糖醤油のお餅 豚汁が用意されました。 農業グループ モチコメを水田で栽培し 収穫したモチコメでモチを作ります。 恒例の年中行事です。 焼きのり持参のご婦人もおられたとか。3回目のようです。 オトコエ…
コメント:8

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

アリストロキア サルバトレンシス Aristolochia salvadorensis アウマノスズクサ科 中央アメリカ エルサルバトル 原産 「ダースペイダー」みたいです。 アリストロキアはギリシャ語 最良 出産 の意味 花のふくらみが子宮を想わせることから。 ムシトリスミレ…
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

コメツブノボタン ノボタン科 名前の由来 花が極めて小さいところから名が付きました。 コリトプレクッス スペキオスス イワタバコ科 ホルムショルディア サングイネア クマツヅラ科 チャイニーズ ハットにそっくりです。 ヒギリ カマツヅラ科 花が緋色で葉が桐に似ているところからこの名があります。 …
コメント:6

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

トリガタハンショウヅル(鳥形半鐘蔓) キンポウゲ科 花後の種子のさまです。 ウラジロノキ(裏白の木) バラ科 葉の裏が白いです。 背が高く上のほうに紅い実をつけます。 キセルアザミ(煙管薊) キク科 花後の姿です。 ウメモドキ(梅擬) モチノキ科 湿地帯に生え 紅い実が残っています。 …
コメント:6

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

コシアブラ ウコギ科 黄葉から半不透明な白色の葉に変わってゆきます。 小葉は5手です。 この辺りでは数は少ないです。 アオツヅラフジ(青葛藤) ツヅラフジ科 青黒い果実 冬場 よく目立ちます。 ヤマハゼ(山黄櫨) ウルシ科 背が高く紅い葉はよく目立ちます。 クサギ(臭木) クマツヅラ科 赤…
コメント:6

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

タカノツメ(鷹の爪) ウコギ科 淡い黄色 優しい色です。 若菜はテンプラにすると美味しいようです。 ヤブムラサキ(藪紫) クマツヅラ科 枝や葉 花序や萼などには毛が多いです。 フユイチゴ(冬苺) バラ科 里山では多く見かけます。 スズメウリ(雀瓜) ウリ科 雀の卵におそっくりです。 …
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園

アリドオシ(蟻通し) アカネ科 鋭い長い棘が目立ちます。 別名 一両 ハミズシクラメン Cyclamen hederifolium サクラソ科 原産地 トルコ~フランスの地中海沿岸 エノキ(榎) ニレ科 それなりに美しい黄葉を見せます。 オンツツジ(雄躑躅) ツツジ科 全体が大きので オ…
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園

ストランバエシア Stranvaesia davidiana バラ科 中国西部 原産 独特の赤い実をつけます。いつも楽しみにしている木です。 ロウヤガキ(老鴉柿) カキノキ科 中国 原産 コンギク(紺菊) キク科 センリョウ(千両) センリョウ科 葉の上に紅い実をつけます。 アマミア…
コメント:6

続きを読むread more

猪名川沿いの森

コバノガマズミ レンプクソプ科 この森にはたくさんのコバノガマズミがあり、赤い実が見られます。 クロモジ(黒文字) クスノキ科 どこにでもある木ですが、黄色の葉 印象的です。 リンドウ(竜胆) リンドウ科 花が閉鎖したままです。 ウルシ ウルシ科
コメント:4

続きを読むread more

猪名川沿いの森

ウワミズザクラ(上溝桜) バラ科 美しい紅葉になるとは、知りませんでした。 コマユミ ニシキギ科 ニシキギの 枝に翼がないものです。 ヤマコウバシ(山香し) クスノキ科 果実ができるのに雄株が知られていないミステリアな植物です。 森の小屋 ボランチアの人たちの作業小屋です。
コメント:7

続きを読むread more

猪名川沿いの森

コシアブラ ウコギ科 気温がさがらないのでしょう、美しい黄葉がのぞめません。 ヤマハゼ(山黄櫨) ウルシ科 ウルシ科の木は真紅に染まります。 フユイチゴ(冬苺) バラ科 今里山のあちこちで赤い苺が見られます。 猪名川
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園

ミツバハマゴウ クマツヅラ科 沖縄 ミクロネシア オストラリア 東南アジア ハマゴウは海岸の砂地に生えます。高知の桂浜でも見ました。 マンリョウ (万両) ヤブコウジ科 ムベ(郁子) アケビ科 果実はアケビとことなり裂開しないです。 ジュガtザクラ(十月桜) バラ科 春と秋 二度咲きます。 …
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園

ヌマスギ ヒノキ科 ラクウショ(落羽松)とも言います。 北アメリカ 原産 湿地や沼地などに自生します。水湿地では多数の気根を出します。 シクラメン・アフリカヌム Cyclamen africanum サクラソウ科 原産地 北アフリカ 渓流の岩場に生えます。 コダチダリア キク科 一般には皇帝ダリア…
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園

京都ではこの植物園がモミジの名所として知られています。 池の周りにイロハモミジが見られます。 昔からの池を取り込んで植物園は設置されています。 多くの観光客が訪れています。
コメント:6

続きを読むread more

土佐寒蘭

義兄よりもらい受けて栽培する 土佐寒蘭です。 上品 で優しい蘭です。 中には香気を放つものもあります。 玄関に飾りますと 戸を開けるとほのかな香りが漂ってきます。 品種名 不明
コメント:6

続きを読むread more

川西市 黒川

カマツカ(鎌柄) バラ科 美しい紅葉と 紅い実 秋の絶品です。 自然の素晴らしさを感じます。 タカノツメ(鷹の爪) ウコギ科 こちらは薄黄色で対抗いたします。 自然の優しさを感じます。 シロ ヨメナ(白嫁菜) キク科 山の中にわずか残っていました。 ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科 薄…
コメント:6

続きを読むread more