ゴルフ場周囲 一周

タニウツギ 淡いピンクの花 明かるい雰囲気を漂わせます。 ノアザミ  本格的に咲き出しました。 スイカズラ  花は白色から黄色に変わってゆきます。 キツネノボタン タチツボスミレ  どこにでも咲き出す、スミレです。
コメント:0

続きを読むread more

猪名川沿いの森

コツクバネウツギ 萼片2~3個です。 葉は小さいです。 エゴノキ  果実ができると ヤマガラの好物です。熟るとヤマガラが食べに来ます。 ウマノアシガタ ハハコグサ  チチコグサもあればればよかたのです、みつかりません。 マユミ  枝に翼が見られました。
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

ツクバネウツギ 名前の由来 果実の先端に萼片が5個残り、その形ガ羽根つきの 羽根に似ていることによる。 キバナツクバネウツギ 葉が大きく 萼片は2~3個でコツクバネウツギの変種です。 モチツツジ キツネノボタン セイヨウカラシナ  河原に多く見かけます。
コメント:4

続きを読むread more

川西市 虫生の森

ヤブデマリ  この森ではかなりの数のヤブデマリを見かけました。 コクバネウツギ 萼片が2~3個です。識別のポイントになります。  よく似るツクバネウツギは萼片5個です。 モチツツジ キツネノボタン クサノオウ
コメント:2

続きを読むread more

ささやまの森公園

妻に運転してもらい 丹波篠山市まで出かけました。この辺りは コロナの心配は少ないです。 ヤブデマリ  装飾花 5個のうち 一つは極端に小さいです クリンソウ  水辺にさく花ですが、花壇を設け保護されていました。 カマツカ マムシグサ イヌザクラ 数年に一度咲く花 なかなか出会え間ませんが、運よく見…
コメント:2

続きを読むread more

川西市 黒川

ノアザミ   ノアザミの咲く山里 自然が残っています。 黒川 日本一の里山と言われています。 コマユミ  ニシキギの枝に翼がないのを言います。 ホオノキ コウゾリナ 道路わきに多く見られます。
コメント:2

続きを読むread more

能勢妙見山

ヤブデマリ  この山では初めてです。思わぬ花に出くわすと嬉しくなります。 マルバアオダモ  平地では終わっていますが、山ではまだ見られました。 モチツツジ 花と葉にベタツキがあります。 ミヤマガマズミ  山ではまだつぼみでした。
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ジャケツイバラ  遠くからでも 黄色の花 目につきます。 コゴメウツギ  白い花咲きかけです。 ツクバネウツギ イブキシモツケ  まだ残っていました。 コマユミ  ニシキギの枝に翼のないものをいいます。
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ヒメコウゾ 新枝の下部の葉腋に雄花、上部の葉腋に雌花がつきます。 ガマズミ タニウツギ  ピンクの可愛いはなですが、まだ咲き始めです。 キランソウ  別名 ジゴクノカマノフタ オオカワヂシャ  帰化植物  水辺に多いです。 キリ
コメント:0

続きを読むread more

武田尾

ヒメウツギ ウツギより小型で、早くに咲き出します。 キブシ  果実ができています。 コウゾリナ  茎に固い棘があります。 キツネノボタン モチツツジ ノアザミ  咲き出しました。
コメント:2

続きを読むread more

五月山

イヌザクラ  数年に1度咲くようです。  まだつぼみでした。  仲間のウワミズザクラより花穂がまばらです。 モチツツジ クロバイ  最盛期には樹冠が真白になるほど咲くようです。 キンラン  まだつぼみでした。 ウシハコベ  ハコベに比べて全体に大きいです。
コメント:2

続きを読むread more

五月山

ジュニヒトエ 期待してでかけてきたのですが、出会うことができました。 幾重にも重なって咲く姿を、昔の女官の衣装にたとものです。 ニガキ  花穂のかずがすくないので、雌株の木のようです。 ミヤマガマズミ ウラシマソウ  釣り竿が見えrなくなっています。 フジ  いたるところに紫の花が見られます。…
コメント:2

続きを読むread more

ゴルフ場周囲 1周

コバノガマズミ  平地に近いところですので、コバノガマズミを多く見かけます。 モチツツジ  花と葉にべたつきがあります。  コバノミツバツツジが終わり モチツツジが咲き出しました。 ウマノアシガタ  黄色の花 春は多いです。 クサイチゴ  果実は甘いです。 ノゲシ 葉がケシの葉に似ていることによりつい…
コメント:2

続きを読むread more

ゴルフ場周囲 1周

10km 3時間のウオーキングです。 野花を探しながらの散策です。人との接触もごくわずかです。コロナの心配もありません。 朝早くに日差しを浴びながら出かけます。 夜は熟睡です。朝起きた時の気分がすっきり爽快です。 野花の写真撮り 長く続けたいです。 ヤマツツジ  数は少ないです。赤橙の花に出会えると嬉しいです。 キ…
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

ヤマブキ  そよ風に揺れる姿がいいです。 キツネノボタン  春は黄色の花が多いです。 マムシグサ  この仲間は栄養状態によって雌雄が決まるそうです。 オランダカラシ  別名 クレソン ヨローッから中央アジア 原産  帰化植物 各地で野生化して広がっています。 モチツツジ コバノミツバツツジが終わり…
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

コバノガマズミ 川沿いの森ですので、コバノガマズミが多いです。 ヤマツツジ  数少ないですが、赤橙の花が見られました。」 キツネノボタン ハクサンハタザオ セイヨウカラシナ  河原のあちこちで見られます。
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

ミヤマガマズミ  この森では多く見かけます。 キランソウ  別名 ジゴクノカマノフタ 地面に貼りついて広がります。 チゴユリ  可憐な小さな花を稚児に見立てたものです。 ニガナ ミツバツチグリ?  初めて写真を撮りました。あまりじしんがありません。
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

カスミザクラ  山桜より遅れて 葉の展開と同時に開花いたします。  花が霞のように見えるということで名がつきました。  遠景でまとまった数の花が咲くと霞のように見えることがあるようです。 ツクバキンモンソウ  ニシキゴロモが主に日本海側に産するのに対し、太平洋側を中心に分布いたします。 コバノガマズミ ヤマツツ…
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

マルバアオダモ 森のあちこちで雪をかぶったような状態のマルバアオダモが見られます。 丸葉の名がありますが 葉が丸いのではなく葉のふちに鋸歯がないため丸葉と表現されたようです。 トリガタハンショウヅル  高知県の鳥形山で発見されたのでトリガタの名がつきました。 ナガバモミジイチゴ  西日本の山野ではふつうにみられます…
コメント:2

続きを読むread more