丹波篠山市 里山

日曜日でもありスプリングエフェメラルの花目当ての観光客が多く押しかけていました。 春がそこまで来たようです。 アズマイチゲ 群れて咲く姿 いいものです。 セリバオウレン アセビ  奥深い山里にも春の足音が聞こえてきます。 ミツマタ ウメ
コメント:1

続きを読むread more

咲くやこの花館

リンコレリオカトレア レンジャーシックス  ラン科 カトレア ルデマニアナ カトレア パプリカ ミルタミア「デニスクライン オーキッドライブラリー」 ミルメコデイア ツベローサ  アカネ科
コメント:2

続きを読むread more

丹波篠山市 里山

スプリングエフェメラルの花を求めて丹波篠山市の里山を訪ねました。 妻の運転1:30です。娘に車の運転は禁止するよに言い渡されています。 Spring Ephemeral 春の儚さを意味します。春の妖精とも呼ばれています。 雪解けを待って地面から顔を出しいち早く花をつけます。 初夏には枯れて  姿を消し来春まで地中で過ごします…
コメント:4

続きを読むread more

咲くやこの花館

スパトグロッテイズ ラン科 ポリスタキア・ネオペンサミア ラン科   タンザニア 原産  花には芳香があります。 ファレノプシス・エクエストリス・ロセア  ラン科 マキシラリア・ポルフイロステレ  ラン科 カラテア・クロカータ クズウコン科  ブラジル  原産
コメント:2

続きを読むread more

咲くやこの花館

ホザキキカシグサ ミソハギ科  日当たりのよい水湿地に生えます。  国内では佐賀と熊本 国外 中国(南部 台湾) マレーシヤ ヒマラヤ インド  絶滅危惧種 ⅠA類 指定されています。 カミガヤツリ カヤツリグサ科  ヨーロッパ シリア アフリカ 分布 茎の繊維がパピルス紙の原材料になります。 ヒメショウジョウ…
コメント:4

続きを読むread more

咲くやこの花館

デンドロキルム・コッピアヌム  ラン科  ヒイリピン 原産 デンドロビュム・スペキオスム ラン科  オーストラリア 原産 デンファレ  ラン科 アングレクム・エプルネウム  ラン科  インド洋諸島 熱帯アフリカ南部 ビカクシダ類 ウラボシ科  インド東部 ミヤンマー タイ 分布 樹木に着生するシダ植物…
コメント:2

続きを読むread more

五月山

市民の森 広場 いつもここまで来て引き返します。 キュリグサ  少し草花が見られるようになりました。 ネコノメソウ まだ開きかけです。 ニワトコ   枝先に小さい花芽が見られます。 六甲山 市民の森広場よりの眺め シナマンサク  公園の花壇のもの
コメント:2

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

エドヒガン50本 植樹された場所です。 後10年たてば立派なエドヒガンがたのしめるでしょう。 コブシ オオバヤシャブシ 見晴台よりの眺め  大阪の中心街が望めます。
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

カワラハンノキ カバノキ科  雄花が垂れ下がり 雌花が小さく立ち上がっています。 アブラチャン クスノキ科  小さな淡黄緑のつぼみができています。  桜の前に咲き出します。 ヤマコウバシ クスノキ科  枝を折るとよい香りが楽しめます。 タケダオ
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

エドヒガンの群生する森 まだ枯木です。 ウグイスカグラ(鶯神楽)  スイカズラ科  花が少ないときです、ピンクの花かわいいです。 ネコヤナギ(猫柳)  カバノキ科  春の到来を告げています。 猪名川
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園

シーマニア シルウァテイカ イワタバコ科  ペルー ポリビア  原産地 ラバジュリア・ロセア ユリ科  和名 ツバキカズラ  チリ南部 原産  チリの国の花です。 インパチェンス属の1種 ツリフネソウ科 ネマタンツス ブラシリエンス イワタバコ科  ブラジル 原産  花は赤褐色の縞模様があり、星形の紅…
コメント:2

続きを読むread more

庭の花

フキノトウ 柿の木の下に毎年 生えだします。 春到来を告げます。 カンアヤメ クサボケ  枝に棘があります。 ボケ ウメ 寒いところで 遅いですが、やっと見ごろを迎えました。
コメント:2

続きを読むread more

京都府立植物園

アリストロ サルバドレンシス ウマノスズクサ科  原産 中米 何かに似ていませんですか。 プリムラ ナカコ  サクラソウ科   園芸品種 ツノギリソウ イワタバコ科  琉球諸島南部~台湾  分布 フクシア ラフランス アカバナ科  園芸品種 ステノリンコス スペキオスム ラン科  メキシコ~ペル …
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

ヒメカンアオイ(姫寒葵) ウマノスズクサ科 萼筒は短い筒で暗紫褐色です。 変わった姿しています。 サクラバハンノキ(桜葉榛の木) カバノキ科  雄花が垂れています。  カバノキ科の樹木 風媒花ですので、虫がいない冬でも大丈夫です。 オオバヤシャブシ(大葉夜叉五倍子)  カバノキ科  アセビ(馬酔木) ツツジ科 …
コメント:2

続きを読むread more

神戸森林植物園

マンサク マンサク科 春の陽射しが暖かく感ぜられます。 ヤマコウバシ(山香し) クスノキ科 カリステンモン・バルドスス フトモモ科  オーストラリヤ 原産地 ソシンロウバイ(素心蠟梅) ロウバイ科 蠟細工の黄色の花 春の香りを伝えます。
コメント:4

続きを読むread more

神戸森林植物園

紅梅 コガクウツギ(͡͡小額空木) ユキノシタ科  花は6~7月に咲きます。花後の姿です。 ウグイスカグラ(鶯神楽) スイカズラ科  春に咲く花ですが、咲きだしていました。 セイヨウハンノキ カバノキ科
コメント:2

続きを読むread more