ゴルフ場 周囲

カワラマツバ(川原松葉) アカネ科 小さな溝のそばに咲いていました。 ムラサキニガナ(紫苦菜) キク科 早や綿毛の種子ができていました。 オカトラノオ(岡虎の尾) サクラソウ科 虎のシッポに似ているかな。 イヌホオズキ(犬酸漿) ナス科 道端に良く見られます。 ハエドクソウ(蠅毒草) ハエ…
コメント:0

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

オミナエシ(女郎花) オミナエシ科 秋の七草の一つです。やさしい花です。 花壇の花です。 イヌタデ(犬蓼) タデ科 咲はじめです。 ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い) タデ科 この草の棘だらけの茎や葉から憎い継子の尻を拭く九という想像から来ています。 リョウブ(令法) リョウブ科 花の少ない…
コメント:2

続きを読むread more

五月山

クマノミズキ(熊野水木) ミズキ科 黄色の花 元気があります。 あちこちで見られます。 ネジバナ(捩花) ラン科 ネムノキ(合歓の木) マメ科 日暮れ時 ゆっくりと葉を閉じ始めます。 ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科 イヌビワ(犬枇杷) クワ科 クララ(眩草) マメ科 花が終わり…
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

カキラン(柿蘭) ラン科 湿地帯に生えていました。 ネジバナ(捩花) ラン科 日当たりの良い草地に生えます。 アオハダ(青膚) モチノキ科 外皮を爪で剥ぐと緑の膚が出てきます。 ヤブムラサキ(藪紫) クマツヅラ科 コアジサイ(小紫陽花) ユキノシタ科
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

ササユリ(笹百合) ユリ科 西日本を代表する百合の言われています。 オカトラノオ(岡虎の尾) サクラソウ科 群生して咲く姿 いいものです。 イソノキ(磯の木) クロウメモドキ科 葉は2枚づつ互生するコクサギ型であす。 コウゾウリナ(髪剃菜) キク科 ノアザミ(野薊) キク科
コメント:2

続きを読むread more

川西市 虫生の森

トリアシショウマ(鳥足升麻) ユキノシタ科 和名 丈夫で真すぐな茎をとりのあしにたとえ、 草の形が升麻に似ているところから名がつきました。 キリ(桐) ゴマノハグサ科 秋には果実と一緒に黄褐色の大きな花芽も見られます。 クサノオウ ケシ科 茎や葉を切ると黄色の乳液が出てきます。有毒です。 ヤ…
コメント:2

続きを読むread more

猪名川

イヌゴマ シソ科 茎には下向きのトゲがあり、触るとザラザラする。 ヒルガオ(昼顔) ヒルガオ科 オヤブジラミ(雄藪虱) セリ科 ナツハゼ(夏櫨) ツツジ科 果実8~10月に黒く熟します。甘酸っぱく食べられます。 猪名川
コメント:2

続きを読むread more

猪名川

ソクズ スイカズラ科 川原に群生していました。 ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科 チチコグサモドキ(父子草擬) キク科 ウツボクサ シソ科 花穂を矢を入れるウツボに見立てたものです。 猪名川
コメント:2

続きを読むread more

ゴルフ場 周囲 一周

家→石切山→万願寺→若宮→湯山台→家 約10km 3時間強 ウオーキングを兼ねて 出かけてきました。 ムラサキニガナ(紫苦菜) キク科 紫の花が独特です。 ヒメコウゾ(姫楮) クワ科 果実が赤くなりかけました。赤く熟すると甘いです。 コジキイチゴ(乞食苺) バラ科 美味ですが、中身が空洞で食べでが…
コメント:4

続きを読むread more

能勢妙見山

ブナの群落 ブナ林は近畿の太平洋側では標高1000m以上の山にあります。 660mの低山にあるのは能勢妙見山だけです。 リョウブ リョウブ科 イヌツゲ(犬黄楊) モチノキ科 ウツギ(空木) ユキノシタ科 頂上付近で 花が見られました。
コメント:2

続きを読むread more

川西市 黒川

ソクズ スイカズラ科 別名 クサニワトコ まだつぼみでした。橋の下に生えていました。 ノアザミ(野薊) キク科 オニtラビコ(鬼田平子) キク科 クマノミズキ(熊野水木) ミズキ科 あちこちで元気な黄色の花が見られます。
コメント:2

続きを読むread more

川西市 黒川

ササユリ(笹百合)ユリ科 まだ残っていました。 アメリカオニアザミ キク科 ヨーロッパ 原産 チガヤ(茅) イネ科 開花前の花穂をツバナと呼び、「万葉集」にも見られるようです。 ヤマコウバシ(山香し) クスノキ科 果実ができるのに雄株が知られていないミステリな植物です。
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川

ホタルブクロ(蛍袋) キキョウ科 花の中の赤紫の模様がかわいいです。 チチコグサモドキ キク科 道路際に多く見られました。 ガマズミ レンプクソウ科 緑の果実が多く見られます。 キダチコマツナギ(木立駒繋) マメ科 中国 原産 野生化して広がっています。
コメント:2

続きを読むread more

五月山

クマノミズキ(熊野水木) ミズキ科 ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科 ミヤマガマズミ レンプクソウ科 たくさんの果実が見られます。 クララ マメ科 毒を含みます。 ツユクサ(露草) ツユクサ科 夏の花が咲き始めました。 市民の森 展望台より 大阪空港が見えます。
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ムラサキニガナ(紫苦菜) キク科 か細い茎に紫の花がつきます。 ドクダミ ドクダミ科 どこにでもはびこりますが、山で見るドクダミ 一味異なるようです。 ヒメコウゾ(姫楮) クワ科 キダチコマツナギ(木立駒繋) マメ科 中国 原産 武田尾の 武庫川
コメント:4

続きを読むread more

武田尾

ヤマトウバナ(山塔花) シソ科 山の木陰などに生えます。 茎はやや斜めに立ち上がり茎頂に花をまとめて付きます。 ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科 フユザンショウ(冬山椒) ミカン科 鋭い長い棘が見られます。 ツメレンゲ(爪蓮華) ベンケイソウ科 肉厚の葉をもつツメレンゲが姿を見せました。 …
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ヤマアジサイ(山紫陽花) ユキノシタ科 派手さはないですが、落ち着いた雰囲気を漂わせます。 トウバナ(塔花) シソ科 道端に多く見かけるトウバナ 花が咲き始めました。 カワラハンノキ(河原榛の木) カバノキ科 名前の通り河原や河岸に多く見られます。 キツネノボタン(狐の牡丹9 キンポウゲ科 …
コメント:2

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科 紫の美しい果実を紫式部にたとえたという説があります。 ウマノミツバ セリ科 馬に食べさす三つ葉のようです。 ナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺) バラ科 中部以西に分布 イヌビワ(犬枇杷) クワ科 雌香嚢はたべられるそうですが、私はであったことがありません。 …
コメント:4

続きを読むread more

庭の花

うっとしい雨の日が続きます。 撮りだめ少くなく、庭の花の登場です。 梅雨時は アジサイの花が多くなります。 墨田の花火 ビヨウヤナギ(美容柳) カシワバアジサイ(柏葉紫陽花) アルストロメリア ウズアジサイ
コメント:4

続きを読むread more