宝塚西谷の森

サワヒヨドリ(沢鵯) キク科 湿地帯に生えます。 赤紫の花 優しさがあります。 イボクサ(疣草) ツユクサ科 葉の汁をつけるとイボが取れるといわれたことにより名がつきました。 アキチョウジ(秋丁字) シソ科 山地の半日陰に生えます。 青紫の花すずしげです。 キクイモ(茎芋) キク科 草丈1.…
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

ウメモドキ(梅擬) モチノキ科 湿地帯に生えていました。 公園などにおおくみかけますが、自生のものは少ないです。 テイショウソウ キク科 咲はじめです。 ガガブタ リンドウ科 浅い池に生えます。根が底に届く程度の深さの池に生えます。 コナギ(小菜葱) ミズアオイ科 農薬のない水田に生えます。 …
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

オケラ(朮) キク科 古名のウケラがなまったものです。語源ははっきりいたしません。 虫のオケラを連想し、愛嬌のある姿です。 シラヤマギク(白山菊) キク科 若菜はヨメナに対してムコナと呼ばれ、食用にすることがあります。 ミヤマガマズミ レンプクソウ科 キセルアザミ(煙管薊) キク科 はじめ頭花を…
コメント:4

続きを読むread more

ゴルフ場 周囲

ハナタデ(花蓼) タデ科 写真に収めたのは 初めてです。 見逃していたようです。 マルバアサガオ(丸葉朝顔) ヒルガオ科 葉がハート形です。 ミゾソバ(溝蕎麦) タデ科 小さな花が集まって咲いだします。 ノササゲ マメ科 豆果は熟すると紫色になります。 央には3~5個の種子が入っています。 …
コメント:2

続きを読むread more

五月山

ミヤマガマズミ レンプクソウ科 ガマズミ類のなかでは中型の葉です。 赤い実をたくさんつけました、やさしさがありますね。 ヒメジソ シソ科 訂正いたします。 ヒメキンミズヒキ(姫金水引) バラ科 ノボロギク キク科 ヨーロッパ 原産 秋風に乗って 飛散します。 クマノミズキ(熊…
コメント:2

続きを読むread more

五月山

エノキ(榎) ニレ科 若い果実は黄色 熟すると赤褐色になります。 秋の雰囲気が漂います。 シュウブンソウ(秋分草) キク科 いい名前をもらいながら、地味過ぎて 見捨てられた感じです。振り返ってみる人皆無です。 クサギ(臭木) クマツヅラ科 市民の森からの六甲山
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ヤブマメ(藪豆) マメ科 地中に閉鎖花をつける面白い特徴を持ちます。 ヒヨドリバナ(鵯花) キク科 今あちこちの里山で見られます。 イナカギク(田舎菊) キク科 日当たり良い草地を好みます。 葉柄はありません。 ツメレンゲ(爪蓮華) ベンケイソウ科 10月ごろ白い花咲かせます。 クサギ…
コメント:4

続きを読むread more

武田尾

ノササゲ マメ科 果実は紫色の鞘に収まります。種子は黒紫色です。 オトコエシ(男郎花) オミナエシ科 男性的で強い花です。 クサアジサイ(草紫陽花) ユキノシタ科 まだ少しだけ残っていました。 フジカンゾウ(藤甘草) マメ科 高さ50~120cm ヌスビトハギに似た花をつけます。 ミヤマガ…
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ科 暑さ寒さも彼岸まで 言葉通り 涼しくなってきました。 ヒガンバナが咲き始めました。 シラヤマギク(白山菊) キク科 舌状花の数は少ないです。 里山ではふつうにみられます。 トキリマメ マメ科 種子は紅い莢のマメ果です。 ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) ナス科 鵯が赤…
コメント:2

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

ヒヨドリバナ(鵯花) キク科 今あちこちの里山で見られます。 オオイヌタ(大犬蓼) タデ科 イヌタデ(アカマンマ)より背が高いです。 メドハギ マメ科 ベニバナボロギク キク科 アフリカ 原案 スズメウリ(雀瓜) ウリ科 果実を雀の卵に見立てて名がつけられました。
コメント:4

続きを読むread more

川西市 虫生の森

ヒヨドリバナ(鵯花) キク科 ヒヨドリがなく頃に花が咲くと事から名がついたようです。 今では年中 鵯がいますね。 スズムシバナ(鈴虫花) キツネノマゴ科 まだ残って咲いていました。 サンショウ(山椒) ミカン科 刺がないので庭木にもよく採用されます。 アクシバ ツツジ科 花は特徴のある花で…
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川

イナカギク(田舎菊) キク科 日当たりの良いところを好みます。 葉柄がなく茎に直接つきます。葉に毛が多く白ぽっく見えます。 よく似たのに シロヨメナがあります。シロヨメナの特徴を参考まで 日のあたらない薄暗いところを好みます。 葉柄があります。 葉にはほとんど毛はありません。 ガマズミ レンプクソウ科 …
コメント:2

続きを読むread more

川西市 黒川

ゴンズイ ミツバウツギ科 果実の紅い実が目立ちます。 熟すると割れて 黒い種子が現れます。 コバノガマズミ レンプクソウ科 実りの秋を迎え 果実色づき始めました。 オトギリソウ(弟切草) オトギリソウ科 悲しい伝説を秘めた花です。 オトコエシ(男郎花) オミナエシ科 生命力の強い花です、国道沿い…
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

キセルアザミ(煙管薊) キク科 最初 煙管のように頭花を下げていますが、だんだんと持ち上げてゆきます。 キクバヤマボクチ(菊葉山火口) キク科 まだ蕾です。 タカサブロウ (高三郎) キク科 葉の鋸歯が不明瞭です。 よく似るアメリカタカサブロウははっきりとしています。 キガンピ(黄雁皮) ジ…
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

シラヤマギク(白山菊) キク科 この森では最初に咲き出す野菊です。 サワヒヨドリ(沢鵯) キク科 淡い赤紫の花 趣があります。 コナギ(小菜葱) ミズアオイ科 農薬のない水田に生えます。 コシロネ シソ科 ワレモコウ バラ科 この赤紫色 好みです。
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

ヒメシロネ(姫白根) シソ科 山間部の湿地に生えます。 葉腋に白い花をつけます。 ハシカグサ アカネ科 初めての花です。教えてもらいました。 ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科 アオハダ(青膚) モチノキ科 オモダカ(面高) オモダカ科
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

ツルリンドウ(蔓竜胆) リンドウ科 茎が紫色で他の植物に絡まって花をつけます。 ヘラオモダカ(箆面高) オモダカ科 か細い面高です。 サルトリイバラ(猿捕茨) ユリ科 果実赤く熟すると目立ちます。 ガガブタ リンドウ科 絶えてなくなったと思っていましたら、池の隅に少し残っていました。 オ…
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

サワギキョウ(沢桔梗) キキョウ科 湿地に生えます。湿地が少ないので見る機会が少ないです。 オケラ(朮) キク科 まだ蕾でした。 ツリガネニンジン キキョウ科 イボクサ(疣草) ツユクサ科 アキノノゲシ キク科
コメント:4

続きを読むread more

川西市 山里

ヤブツルアズキ(藪鶴小豆) マメ科 アズキはヤブツルアズキを改良したものと言われています。 アキノウナギツカミ(秋の鰻攫) タデ科 葉に下向きの短い刺があり、「ウナギでもつかめる」という意味からつけられました。 ミゾソバ(溝蕎麦)タデ科 サイヨウシャジン キキョウ科 ワレモコウ(吾木香) バ…
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿い

キクイモ(菊芋) キク科 北アメリカ 原産 戦時中は各地で栽培されたようです。 都市周辺では少なくなっています。 ソクズ スイカズラ科 まだ残っていました。蜜を貯める黄色の腺体も見られます。 アメリカタカサブロウ キク科 水田などで多く見かけます。 ジュズダマ(数珠玉) イネ科 ボントクタ…
コメント:2

続きを読むread more