(U) 里山の写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS キツネノカミソリ、ヤブラン、ヌマトラノオ&猪名川

<<   作成日時 : 2018/08/03 22:52   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 8

猪名川沿いの森

キツネノカミソリ(狐の剃刀) ヒガンバナ科
 お盆が近いです。 狐火が飛び回る時期です。
 春に出た葉が枯れたあと、 花茎が伸びてきます。
画像


ヤブラン(藪蘭) ナギイカダ科
 紫の花穂がかわいいです。
画像


ヌマトラノオ(沼虎の尾) サクラソウ科
 花茎が垂れずにすっと立ち上がるのが特徴です。
画像


猪名川
豪雨で水嵩が上昇していましたが 水位 平常に戻っています。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 薄暗い森のなかで狐火を見たいものですが、実際に見たことはないですし、狐にばかされてみたいと思いつつも、狐そのものがいないですからキツネノカミソリでガマンです。

 ヤブランはナギイカダ科になってしまいましたか。なんだかピンときませんね。雑木林の木陰でよく見かけます。
なおさん
2018/08/04 06:42
お早うございます
よく母から狐灯の
話聞きました〜
ホントかなと思いながら^^
すーちん
2018/08/04 07:42
ヌマトラノオオの花穂は立ち上がりますね。当地植物園にもございます。当地は長らく雨が降らず草木が枯れてゆきます。
寿々木
2018/08/04 09:08
キツネノカミソリは2010年8月に佐渡島に旅行した折、初めて花を見ました。写真で見ていたキツネノカミソリより色が濃かった記憶があります。
キジカクシ科は一時ナギイカダ科とするという説がありましたが、現在はキジカクシ科に決まっています。
長さん
2018/08/04 12:03
<なおさん>さん
小さい時 肝試しに晩お墓に出かけたことあります。狐火を見ることもなかったです。
土葬の頃は狐火が見られたのでしょうね。

ヤブラン ナギイkダ科に変わりましたと
facebookの友の便りがありました。
淡い紫色が素敵です。
shuuter
2018/08/04 17:20
<すーちん>さん
こんにちは
向かい土葬の頃は狐火あったのでしょう。
今は火葬ですので ありませんです。
shuuter
2018/08/04 17:22
<寿々木>さん
沼虎の尾 上に立ち上がります。
一雨ほしいですね。
shuuter
2018/08/04 17:23
<長さん>
キツネノカミソリ ヒガンバナよりさきにさきだしますね。
facebookの友より教えてもらいました。
shuuter
2018/08/04 17:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
キツネノカミソリ、ヤブラン、ヌマトラノオ&猪名川 (U) 里山の写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる