テーマ:

京都府立植物園 温室

ブラジルディゴ マメ科 Erthrina speciosa 幹や葉にトゲがあります。朱色の花下から上に向かって咲いてゆきます。 アフリカバオバプ アオイ科 Adansonia digitata 熱帯アフリカ マダカスカル 種子の周囲のバルブ質は糖分が40%も含まれお菓子のように食べられます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五月山

まだ動きだしません。残り物を集めました。 コウヤボウキ(高野箒) キク科 種子の姿です。 イヌビワ(犬枇杷) クワ科 雄株で果実はサクサクでたべられたものではありません。 アオキ(青木) ミズキ科 赤くなる前の黄いろの果実がかわいいです。 センダン センダン科 黄いろの果実が目立ちます。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

コダカラベンケイ ベンケイソウ科 原産地 マダカスカル アアソウカイ(亜阿相科界) キョウチクトウ科 原産地 マダカスカル 由来 マダカスカルがアジア(亜細亜)とアフリカ(阿弗利加)の境界であることによります。 キンチョウ(錦蝶) ベンケイソウ科 原産地 マダカスカル 花が咲いていまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

ツバキカズラ フィレシア科 Lapageria rosea チリの国花です。 自生地ではハチドリによって受粉が行われます。種子は主に鳥によって運搬され広がります。 ネマタンツス マクラツス イワタバコ科 Nematanthus maculatus ブラジル 熱帯雨林に自生します。 花歯鮮やかな紅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭の花

里山に野花がみあたりません。庭の花です。 白梅 小梅が収穫できます。 カンアヤメ さわやかに咲きだしました。 ボケ 蕾の時がかわいいです。 クサボケ 長い棘が見られます。 フキノトウ 柿の木の下に蕗が生えています。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

コリトプレクッス スペキオスス イワタバコ科 Corytoplectus speciosus 赤い花のように見えるのは咢で筒状の黄色いものが花です。 原産地 エクアドル ペルー チリ ペアルケア ヒボキルディフロラ Pearcea hypocyrtifloa 原産地 エクアドル フクシアポリビア…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森 公園

ハンノキ(榛の木)カバノキ科 雄花 桜葉ハンオキと区別がつきません。木の幹の肌が茶色です。 ヒメカンアオイ(姫寒葵) ウマノスズクサ科 花 変わった形をしています。 クロモジ(黒文字) クスノキ科 両側は花芽 中央は葉芽 「令和 も元気で 万歳」です。 アセビ(馬酔木) ツツジ科 有毒植物 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

メディニラ クラサタ ノボタン科 フイリピン 原産 まだ蕾でした。 花が咲きますとシャンデリヤのような姿を見せます。 ヘンケリア モー二ー×ワルケリ" イワタバコ科 園芸品種 ドリモニア キリボガナ Drymonia chiribogana ストレブト カーパス "ケーズ ラビット・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森 公園

サクラバハンノキ(桜葉榛の木) カバノキ科 国の準絶滅危惧者種です。 当公園でも植樹を行い保護に努めています。 タチツボスミレ(立坪菫) スミレ科 キブシ キブシ科 キブシの蕾が垂れていました。 ツララ 久しぶりに冷え込みツララができていました。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

アマゾンユリ ヒガンバナ科 Eucharis grandiflora 原産地 コロンビア アンデス山地 純白の花 香りもあります。 別名 ギボウシスイセン オスモキシロン リネアル ウコギ科 Osmoxylon lineare 原産地 フイリピン~ マレイシア ホウガンノキ(砲丸の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

クレロデンドルム クアドリロクラレ クマツヅラ科 Clerodendrum quadriloculare フイリピン原産 真冬に赤紫のながい筒状花を放射状に広げます。 残念 まだ蕾でした。 ムシトリスミレ タヌキモ科 日本では 日光連山や赤城山に自生しているようです。 葉より粘液を出して虫を捕らえる食虫…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

せせらぎの道

近くの団地内にせせらぎが流れる小道があります。 両サイドに花壇があり市民の手で花木が管理されて栽培されています。 シナマンサク 枯葉を残して花が咲いています。 白梅 ヒメキンリュウカ ソシンロウバイ
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

ユウクリニア ロンギンフロラ アカネ科 Euclinia longiflora 原産地 熱帯アフリカ 白色の花ラッパ型で先端が5裂し新しく伸びた枝先につけます。 長さ20cmもあり名の通り長く垂れ下がります。 ケショウボク トウダイクサ科 Dalechampia roezliana ピン…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

リュエリア コロラタ キツネノイマゴ科 Ruellia colorata ペルー エクアドル コロンビア 分布 和名 火焔花 真赤に燃えるように見えるのは苞で花弁は中央のオレンジ色の部分です。 リュエリアマクロフイラ キツネノマゴ科 Ruellia macrophylla lutea …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

猪名川沿いの森

ネコヤナギ(猫柳) ヤナギ科 節分の日を迎え春の来訪の近いことを告げています。 灰銀色の蕾 冷たい風を受けながら 順次 黄緑の花が開くでしょう。 マンリョウ(万両) ヤブコウジ科 万両はどこの里山でも見かけます。千両を探しますがであえません。 タチツボスミレ(立坪菫) スミレ科 一輪だけ咲いていました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園

早や咲きの椿です。 京都には椿はよく似合います。 椿は茶道とともに開発されてきたように思います。 菊月 紅侘助 多摩川 白侘助 天倫寺月光 桃色雪中花 桃千鳥
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園

ストランバエシア バラ科 Photinia davidaina いつも楽しみしている樹木です。 セツブンソウ キンポウゲ科 まだ蕾でした。 カギカズラ アカネ科 節々から鉤を出して這い上がります。鉤は弾力があり強力です。 サネカズラ (実屑) マツブサ科 別名 ビナンカズラ 昔男性用の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

JR道場駅 近辺

トキリマメ マメ科 スイカズラ スイカズラ科 果実 2個づつ つけます。 アブラチャン(油瀝青) クスノキ科 まだ蕾です。 桜の前に黄色の花咲かせます。 好きな樹木です。 種をまいて苗木を育てています。苗木きずきの森に植樹するつもりです。 ヒメジョオン キク科 遅くまで花が咲いています。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園

アリドオシ(蟻通し) アカネ科 葉よりも長い棘が目立ちます。 センリョウ(千両) センリョウ科 里山で千両を探しますがみつかりません。 マンリョウ(万両) ヤブコウジ科 里山で普通に見られます。 スノードロップ シダレガキ
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園

クレマチス 冬咲きのクレマチスです。 クサボケ バラ科 小枝にトゲがあります。 コショウノキ(胡椒の木) ジンチョウゲ科 果実は辛いといわれますが、実際は辛くないです。 カナクギノキ クスノキ科 冬芽 中央は葉芽 左右は花芽です。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

JR道場駅 近辺

カワラハンノキ(河原榛の木) カバノキ科 この時期花咲くものカバノキ科のものが多いです。 名前の通り河原に雄花を垂れます。雌花は小さく上向きにつきます。 赤紫色から緑黄いろに変わってゆきます。 ヤブツバキ(藪椿) ツバキ科 花が少ない時期です。赤い花は素敵です。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園

孫が就職活動で来阪いたし、我が家にも1泊してゆきました。 3人で食事に出かけました。 テーブルマットに 「福かさね 夢をかさねて 春が立つ」とありました。 孫 いい旅たちになること願うばかりです。 イチゴノキ ツツジか 花は鐘形の白色 たまにピンクもあります。 果実は食用にもなりますが味気ないものです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園

シナマンサク マンサク科 ピーヒョロ笛の音が聞こえてきます。 タラヨウ モチノキ科 葉裏に文字を書くことができます。 葉は大きく厚みもあります。 ボケ バラ科 フッケリーメギ メギ科 ヒマラヤ 原産 Berberis hookkeri 枝に鋭いとげがあり、葉は束生で葉縁の鋸歯もトゲ状…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京都府立植物園

マホニア"チャリティ" メギ科 ヒイラギナンテンとマホニアロマリーフォリア 交配種 ユリオブステージ キク科 クニフォフィア"クリスマスチアー" ワスレナグサ科 園芸品種 訂正いたしました。 フウセントウワタ キョウチクトウ(ガガイモ)科 南アフリカ 原産 花よりも果実…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園

梅林 ほとんどが固いつぼみです。その中でちらほら咲きの梅を撮ってみました。 寒紅梅 梅雲竜 椿園 早咲きののツバキです。 椿 菊冬至 玉川 有楽
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都府立植物園

ソシンロウバイ 京都は寒いところです。3分咲き程度です。 ガラス細工の黄色の花 かすかな香りが漂います。 ロウバイ 中心の赤紫色が かわいいです。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

咲くやこの花館

シーカーシャー ミカン科 酸味が強いので。青いうちに採取し食酢ヤレモンの代用にします。 シーは酸っぱい、カーシャーかミカン 沖縄の方言です。 タマゴノキ オトギリソウ科 マレー半島 原産 果実は食用にできます。酸味が強いので美味しくないようです。 ローソクノキ ノウゼンカズラ科 パナマ 原産 受粉は主…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

ヤブコウジ(藪柑子) ヤブコウジ科 葉に隠れるように赤い実がぶら下がります。 ウメモドキ(梅擬) モチノキ科 湿地帯に多く生えています。 キクバヤマボクチ( 菊葉山火口) キク科 花後の種子の様子です。 コガマ(小蒲) ガマ科 綿毛 風に飛ばされ 少なくなっています。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

咲くやこの花館

ギンケンソウ(銀剣草) キク科 原産地 ハワイのマウイ島 銀色のとがった葉をロゼット状に出し、背の高い花穂を伸ばします。 一度咲くとと枯れて今います。 レウイシア コチレドン モンチア科 Lewisia cotyledon 北アメリカ 西岸北部 ゲンチアナ ベルナ リンドウ科 アルプス…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

咲くやこの花館

エリゲロン カルビンスキアヌス (源平小菊) キク科 北アメリカ 原産 ヒメジョオンとハルシオンは仲間です。 四季咲きでかわいいです。 ペリウム ミヌツム キク科 地中海 原産 アネモネ オブツシロバ キンポウゲ科 ヒマラヤ 原産地 ドデカデオン メアディア サクラソウ科 別名…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more