テーマ:

川西市 黒川

ヤマルリソウ 瑠璃色の花を楽しみにでかけてきたのですが、会うことができました。 薄暗い木陰に咲いていました。 瑠璃色の花好みです。 ウワミズザクラ 桜の仲間と思えないブラシ状の花咲かせます。 キブシ サルトリイバラ コバノミツバツツジ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

ミヤマガマズミ この森では多く見かけます。やっと咲き始めました。 ウリカエデ  ありふれた樹木ですが、花時は美しいです。 サルトリイバラ マルバアオダモ  里山でよく見かける樹木です。 ヒメヤシャブシ
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

川西市 虫生の森

シロバナウンゼンツツジ この森には多くのシロバナウンゼンツツジが見られます。 少し早かったようです。 シデザクラ  別名 サイフリボク  個体数が少ないのか 花の時機を逃すと見つからないです。 マルバアオダモ  綿のような雪をかぶった花 里山で多く見かけます。 コンロンソウ コバノミツバツツジ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴルフ場周囲 1周

ウワミズザクラ あちこちで白いブラシの花見かけます。 ヤマネコノメソウ ニオイタチツボスミレ?  あまりじしんがありません。 ニガイチゴ 石切山  尾根道にはコバノミツバツツジが多く見られます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

ウワミズザクラ  コップ洗いのブラシの形状をしています。 ウグイスカグラ ヤブヘビイチゴ クレソン 水のきれいなところには生えやすいようです。 コバノミツバツツジ 猪名川
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

猪名川沿いの森

マルバアオダモ  この森には雪をかぶったような白い花があちこちで見受けます。 ウマノアシガタ 春の花 黄色が多いです、ウマノアシガタも顔を出しまsた。 カキドオシ  どんどん増えます。 セイヨウカラシナ 河原に多く見られます。 ハクサンハタザオ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

ムラサキケマン クサイオチゴ 北摂の里山ではあちこちで見られます。  苺は結構甘いです。 ナワシログミ  果実が赤く熟し始めました。 コバノガマズミ  ガマズミ類のなかでは早くに咲き出しました。 ニガイチゴ 果実は食べれますが苦みが残ります。 クロモジ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ナガバモミジイチゴ  6~7月に黄橙色に熟し 食べられます。 キブシ  湿り気と日陰を好むようです。 黄色の花暖簾が見事です。 アブラチャン  花を残しながら葉芽が出始めています。 コバノミツバツツジ ノジスミレ  道端に多く見られます。細長い葉に特徴があります。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

マルバアオダモ  雪をかぶったようになっています。丸葉の名があるが、葉がまるいわけではありません。葉に鋸歯がないのを 丸いと表現したものです。 サルトリイバラ ナガバタチツボスミレ オオシマザクラ 葉を塩漬けにし保管し、桜餅を包みます。 素敵な香りが楽しめます。 ウリカエデ  かわいいお人形がぶら下が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ヤマブキ 河岸に黄色の花が咲き乱れます。今年は早いです。 ヤブサンザシ 目立たない花です。 個体数も少なくどこでも見られる樹木ではないようです。 キュウリグサ アケビ  廃線跡の柵に多く見かけます。 アケビの実 1度だけ食べたことがあります。種の多い果実でした。 武田尾
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五月山

ヤマネコノメソウ 谷沿いに生えています。 大きな立派な猫の目が見られます。 ウラシマソウ  写真がみずらいですが、浦島太郎の竿が見られます。   ニガイチゴ  6~7月に赤く熟します。果実は甘いです。 イヌビワ  雌果嚢はたべれるそうですが、雄果嚢はさくさくでたべれません。 雌果嚢にでくわしたことありま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五月山

ニワトコ  花が終わって種子ができかかっています。淡い緑から暗赤色に熟します。 コクサギ  匂いを振りまきます。 ナガバタチツボスミレ キュウリグサ エドヒガン  大きな古木です、花が終わりかけて葉桜ができています。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

近所の山里

暖かい日が続き 山里の草花もうごきだしました。 山里の散策が楽しくなります。 ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)ケシ科  和名の由来 延胡索は韓名でキケンマ属の総称名です。        ジロウボウ(次郎坊)は太郎坊(スミレ)に対する伊勢地方の方言名です。        子供たちがお互いの花の距を絡ませて引っ張り合って勝負…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川西市 虫生の森

ヤマネコノメソウ  はっきりとネコの目が入りました。」 コバノミツバツツジ シキミ  仏事に使用されます。 ヒメカンスゲ ナガバタチツボスミレ クサノオウ 茎を折ると黄色の乳液が出ます。 アルカロイドを含み有毒です。皮膚病や外傷のてあてにもしようされたとか、  名前の由来も様々です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

能勢妙見山

能勢妙見山の中腹にある桜谷のエドヒガンです。 まだ少し早くピンクの花です。 エドヒガン 最初はピンク色で白色になる 最後は薄墨色になります。 エドヒガン ニワトコ キブシ  見事なキブシの花が垂れ下がっています。 クロモジ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川西市 黒川

桜の森 エドヒガンです。 60本のエドヒガンが群生しています。  「微笑み桜」と名づけられたエドヒガンです。   樹齢 150年以上  「長老」樹齢 150年以上  桜の森 一帯に60本のエドヒガンが群生しています。 ヒメカンスゲ ノアザミ  蕾が顔をだしました。 キランソウ  道端を覆い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

タムシバ 周辺の山にも 白い花が見られ 春本番到来です。 コブシの花に似ています。コブシの花は下に1枚葉がくっついています。 タムシバにはありません。 クロモジ 枝を折りますと 香りがあります。 スミレ 道路わきに多く見られます。種子を蟻が運ぶのでしょう。 ヤマネコヤナギ  別名 バッコヤナギ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

コバノミツバツツジ ヒメカンアオイ 独特の茶褐色の花が見られます。 葉はギフチョウの幼虫の食草となります。 葉の裏に卵が産みつけられます。 注意しているのですが、まだギフチョウを見つけたことはありません。 ムラサキゴケ  暖かくなり草花が増えてゆきます。 シュンラン  かわいく咲いています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴルフ場周囲 1周

里山の草花もこの暖かさにつられてうごきだしました。 クサイチゴ  5~6月ごろに赤く熟します。割と甘いです。  里山では普通に見られます。 ナガバモミジイチゴ  西日本に多いようです。  果実は橙黄色に熟し、食べられます。 カキドオシ コバノミツバツツジ  普通桜が終わってからさくのですが、 同時に咲き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

エドヒガン 古木になればなるほど美しさを増します。 群生すると一段と奥ゆかしさが増します。 花は最初ピンクで白色になり 最後は薄墨色になります。 ハクサンハタザイオ ウグイスカグラ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

アブラチャン  ダンコウバイの花によく似ています。 アブラチャンは短い花柄がありますが、ダンコウバイにはありません。 キブシ  縄暖簾状に花を咲かせます。 ヤブツバキ ヒメヤシャブシ ナガバタチツボスミレ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ダンコウバイ  桜の前の黄色の花春を呼び寄せます。  私の好きな樹木一つです。挿し木で苗木を育てています。きずきの森に  植樹するつもりです。 シキミ  仏事に使われます。 エドヒガン カワラハンノキ コバノミツバツツジ  ツツジが早くも咲き出しています。暖かいのでしょう。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

エドヒガン  あと3~4日で満開でしょう。 ウグイスカグラ クロモジ  花が咲き始めました。 ユキワリイチゲ 長く咲き続けています。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

五月山

ニワトコ  果実 赤く熟しますが、味は青臭いです。 ネコノメソウ  花芽がまだ小さいです。 コクサギ  匂いを振りまきます。 ヒメカンスゲ 春霞の向こうに六甲山が見れます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

咲くやこの花館

トックリヤシ ヤシ科 ポーモンテイア・グランデイフロラ  キョウチクトウ科  南アジア 原産 パロボラチョ アオイ科 スペイン語で「酔っ払いの木」を意味します。  アルゼンチンより空輸されてきました。  花はコウモリ等の夜行生物によって花粉が運ばれます。」 キワタノキ アオイ科  マ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

猪名川沿いの森

ユキワリイチゲ  春の妖精と呼ばれるだけの 美しさと奥ゆかしさを秘めています。 ウグイスカグラ  鶯のさえずりも いい音色になりました。 アセビ タチツボスミレ エドヒガン  エドヒガンが群れてはえているのですが、1本だけ花開き始めていました。 猪名川
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

ネコヤナギ 春本番 灰白色から黄金色の花穂へ変わってゆきます。 陽射しを受けての散策が楽しいです。 ハクサンハタザイオ  白い旗竿も顔をだしました。 カキドオシ  どんどん増えるでしょう。 ヤブツバキ
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

エドヒガン  植樹されたエドヒガンですか、1本だけ花開きました。 ウエワミズザクラ 白い筒状の花咲かせます。 ニワトコ オオバヤシャブシ 元気な樹木 どんどん広がります。 見晴台より大阪空港から 大阪市街と 眺めます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

ヤマネコヤナギ  別名 バッコヤナギ  柳の中では雄花序は大きいほうで よく目立ちます。 ナガバノタチツボスミレ ツクシ 早くも見られました。 ヒメカンアオイ  独特の暗紫褐色の花が見られます。 コバノミツバツツジ] 尾根道の日当たりの良い場所で 1輪だけ花咲かせていました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ゴルフ場周囲 一周

春の陽気が漂います。草花の動きまだ鈍いです。 鮮度のいい写真をと思うのですが、花の少ない時は 貯め置きがないとつづきません。 オオバヤシャブシ 雄花が垂れると 花粉をばらまきます。花粉症の人にはつらいです。 アオキ カキドオシ 垣根を越えてどんどん増えるといわれる草花です。 ヤブツバキ ヤマノイモ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more