テーマ:

宝塚西谷の森

キクバヤマボクチ(菊葉山火口) キク科 特徴のあるj花 一度見たらわすれません。 イナカギク(田舎菊) キク科 基部では葉はやや茎を抱きます。 ミヤマガマズミ レンプクソウ科 西谷の森には多く見られます。 イヌタデ(犬蓼) タデ科 カマツカ (鎌柄) バラ科 秋の花も終わりに近いです。紅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川西市 里山

ノハラアザミ(野原薊) キク科 野薊ににていますが、 総苞にねばりはありません。 基部では葉は茎を抱きます。 ツリガネニンジン キキョウ科 イヌタデ(犬蓼) タデ科 どこにでも生え 群生します。 アメリカアサガオ ヒルガオ科 マムシグサ (蝮草) サトイモ科 果実 トウモロコシに似…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿い

ゴンズイ ミツバウツギ科 花は黄緑の地味なはなですが、果実は赤く種子は黒いです。赤黒でよくめだちます。 コバノガマズミ レンプクソウ科 猪名川沿いの森に多く見られます。 シロヨメナ キク科 ホシアサガオ ヒルガオ科 北アメリカ 原産 ニシキギ(錦木) ニシキギ科 赤い人形のような果実がぶら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿い

サクラタデ(桜蓼) タデ科 タデの仲間の中では花が大きいです。 ガマズミ レンプクソウ科 小鳥のご馳走になるでしょう。 ノコンギク(野紺キク) キク科 道端で見られます。 ヤノネグサ 畑の溝に生えていました。 朝の猪名川
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五月山

ハダカホオズキ(裸酸漿)ナス科 初めての出会いです。 名前を教えてもらいました。 クサギ(臭木) クマツヅラ科 赤い咢と藍色の果実のコントラストが美しいです。 イヌビワ(犬枇杷) クワ科 小鳥にたべられたのでしょうか、果実の数が少なくなっています。 オオイヌタデ(大犬蓼) タデ科 シュウブンソ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾&近辺

テイショウソウ キク科 花弁が揺れています。 ヒヨドリバナ(鵯花) キク科 群れて咲く様 秋の風情が感じます。 ボタンヅル(牡丹蔓) キンポウゲ科 センニンソウににていますが、ボタンヅルがソフトで好きです。 ハナタデ(花蓼) タデ科 クサギ(臭器) クマツヅラ科 赤と青のコントラストが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾&近辺

ミカエリソウ((見返草) シソ科 群れて咲きだしていました。 確かに振り返ってみるほどに美しいです。 ヨシノアザミ キク科 訂正いたします。 イナカギク(田舎菊) キク科 基部で葉は茎を抱きます。 シロダモ クスノキ科 フユザンショウ(冬山椒) ミカン科 長いとげがあります…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾&近辺

ヤクシソウ(薬師草) キク科 薬師堂のそばで最初に見つかったという説があります。 その他諸説ががあるみたいです。 ナワシログミ(苗代茱萸) グミ科 今頃花が咲くと 苗代の時期に食べられることになります。 オトコエシ(男郎花) オミナエシ科 種子が形成されつつあります。 コウヤボウキ(高野箒) キク科…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾&近辺

アケボノソウ(曙草) リンドウ科 沢沿いに生えていました。 ツメレンゲ(爪蓮華) ベンケイソウ科 石崖に群れて咲き出していました。 ヒメキンミズヒキ(姫金水引) バラ科 ヤブムラサキ(藪紫) クマツヅラ科 紫の種子ができつつあります。 シロヨメナ(白嫁菜) キク科 道端に咲いています。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

庭の花

キンモクセイ 香りを漂わせます。 香り七里走ると 申します。 シュウメイギク 気高い 花です。 デンファーレ 私が栽培する洋ランの一つです。 タイワンホトトギス
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

ヒヨドリバナ(鵯花) キク科 群れて咲き出しました。 アサキマダラが飛来するでしょう。 ガマズミ レンプクソウ科 たくさんお赤い実をつけています。 コバノガマズミ レンプクソウ科 赤い実がかわいいです。 イシミカワ タデ科 もう少し色ずくとすてきですね。 ナワシログミ (苗代茱萸9) グミ科…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

サワギキョウ(沢桔梗) キキョウ科 少しだけ残っていました。 ニガクサ(苦草) シソ科 山野のやや湿った半日陰に生えます。 イヌタデ(犬蓼) タデ科 どこにもあるタデです。 サルトリイバラ(猿捕茨) ユリ科 果実赤くなるとよく目立ちます。 ヤノネグサ(矢の根草) タデ科 水田地帯に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

虫生の森

アキノノゲシ キク科 秋の風情を漂わせます。 イヌタデ(犬蓼) タデ科 コバノガマズミ レンプクソウ科 ホトトギス ユリ科 白色は園芸種でしょうか、森に生えていました。 ヨメナ(嫁菜) キク科 若葉には特有の香りがあり、ヨメナ飯はおいしいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝塚西谷の森

コウヤボウキ(高野箒) キク科 日当たりの良い尾根道で多く見かけます。 ウメモドキ(梅擬) モチノキ科 公園などにおおくみかけますが、自生は多くないです。 湿地帯に生えていました。 センニンソウ(仙人草) キンポウゲ科 仙人の髭ができかかっています。 ノコンギク(野紺菊) キク科 山野で最も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

ワレモコウ(吾木香) バラ科 根にスイカのような香りがあるといいます。 木香(モッコウ)の根には芳香があります。 ツクシハギ(筑紫萩) マメ科 葉の先端にくぼみがあります。くぼみを見つけると識別できます。 サワヒヨドリ(沢鵯) キク科 キセルアザミ(煙管薊) キク科 オケラ(朮) キク科 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森

ウメバチソウ(梅鉢草) ユキノシタ科 日当たりの良い湿地に生えます。 アキチョウジ(秋丁字) シソ科 山地の半日陰に生えます。 オトギリソウ(弟切草) オトギリソウ科 悲しい伝説を秘めた花です。 残り花です。 アキノノゲシ キク科 道端で多く見られます。 ボントクタデ タデ科 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

テイショウソウ キク科 山地の木陰に生えます。 優しく咲き出します。 ヒメジソ(姫紫蘇) シソ科 マルバルコウ ヒルガオ科 熱帯アメリカ 原産 里山の道端でよく見かけます。 イナカギク(田舎菊) キク科 葉の表面ざらつきがあります。器部で葉葉茎を抱きます。 ミヤマガマズミ レンプクソウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

シロヨメナ(白嫁菜) キク科 散歩の途中で見つけた野菊 名前がわかると、楽しいです。 ヒメジソ(姫紫蘇) シソ科 イヌコウジュに似ていますが、葉の鋸歯が粗く明確です。 ハナタデ(花蓼) タデ科 花がまばらつつくものから密なものまであります。 フジカンゾウ(藤甘草) マメ科 長い枝に花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

テイショウソウ キク科 まだ咲き初めでした。 ツルボ(蔓穂) ユリ科 終わりに近いですが、ピンクの花 かわいいです。 ヤマトウバナ(山塔花) シソ科 山地の木陰で見られます。 葉に荒い鋸歯が見られます。 ノハラアザミ(野原薊) キク科 野薊に似ています。 秋に咲く薊で総苞にはねばりはありま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ツメレンゲ(爪蓮華) ベンケイソウ科 石崖に花咲かせていました。 古い山小屋の屋根にも生えるといいます。 ノササゲ マメ科 豆果は熟すると紫色の莢に収まります。 シラヤマギク(白山菊)キク科 基部の葉には長い葉柄が見られます。 ミゾソバ(溝蕎麦) タデ科 別名 ウシノヒタイ 葉の形が牛の額を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

武田尾

ミカエリソウ(見返草) シソ科 由来 花がきれいでみんな振り返って見ることによります。 コウヤボウキ(高野箒) キク科 日当たりの良い尾根道などで見られます。 まだ咲き出したばかりです。 キダチコマツナギ(木立駒繋) マメ科 ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科 関西では紅色が多いです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ホトトギス(杜鵑草) ユリ科 谷沿いの斜面に咲いていました。 優しい花に出会うと ニッコリです。 ナワシログミ(苗代茱萸) グミ科 花は良い香りがあります。果実は翌年に熟します。 ミズタビラコ(水田平子) ムラサキ科 淡い青色の花咲かせます。 アキチョウジ(秋丁字) シソ科 半日陰の草地に生え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川

ガマズミ レンプクソウ科 赤い実がたくさん見られます。 シロバナサクラタデ(白花桜蓼) タデ科 シロヨメナ(白嫁菜) キク科 キクはむつかしいです。 葉の形状で識別するのが基本です。 エゴノキ エゴノキ科 ヤマガラがエゴノ木の実を好みます。 ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ科 今里山のあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川西市 黒川

ゴンズイ ミツバウツギ科 赤い殻がはじけて 黒い種子が見られます。 アキノノゲシ キク科 アキノウナギツカミ タデ科 茎に下向きの刺があり「ウナギでもつかめる」という意味でつけられました。 コシアブラ ウコギ科 日本海側に多い樹木やそうです。 マツカゼソウ ミカン科 ヤマコウバシ(山香し)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川西市 山里

ヤブツルアズキ(藪蔓小豆) マメ科 ノアズキによく似ています。 葉がまるい感じです。 ノアズキの葉は四角いです アキノウナギツカミ(秋の鰻攫) タデ科 基部では 葉は矢じり型で茎を抱きます。 ホシアサガオ ヒルガオ科 北アメリカ 原産 マメアサガオ ヒルガオ科 北アメリカ 原産 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

猪名川沿い

ヒヨドリバナ(鵯花) キク科 これだけ群生すると見事です。 アサギマダラが飛んできていました。 ミゾソバ(溝蕎麦) タデ科 別名 ウシノヒタイ 葉の形が牛の顔(額)を思わせることによる。 ニガクサ(苦草) 初めて 写真を撮りました。 コバノガマズミ レンプクソウ科 シロヨメナ(白嫁菜) キ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿い

ヒガンバナ(彼岸花) ヒガンバナ科 あちこちで見られます。 ママコノシリヌグイ タデ科 茎に下向きの刺があります。 お尻 拭われたら 悲鳴を上げますね。 オオイヌタデ(大犬蓼) タデ科 ヤブマメ(藪豆) マメ科 キクイモモド(菊芋擬) キク科 草丈はキクイモよりひくく、1m弱です。 葉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

オミナエシ(女郎花) オミナエシ科 自生のオミナエシ少ないです。 コバノガマズミ レンプクソウ科 色づき始めた果実 かわいいです。 シロヨメナ(白嫁菜) キク科 ミゾソバ(溝蕎麦) タデ科 小さい花が10数個集まって咲きます。 ヤノネグサ(矢の根草) タデ科 葉の形を矢の根(矢じり)に例…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

サワヒヨドリ(沢鵯) キク科 湿地帯に生えます。 赤紫の花 優しさがあります。 イボクサ(疣草) ツユクサ科 葉の汁をつけるとイボが取れるといわれたことにより名がつきました。 アキチョウジ(秋丁字) シソ科 山地の半日陰に生えます。 青紫の花すずしげです。 キクイモ(茎芋) キク科 草丈1.…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

ウメモドキ(梅擬) モチノキ科 湿地帯に生えていました。 公園などにおおくみかけますが、自生のものは少ないです。 テイショウソウ キク科 咲はじめです。 ガガブタ リンドウ科 浅い池に生えます。根が底に届く程度の深さの池に生えます。 コナギ(小菜葱) ミズアオイ科 農薬のない水田に生えます。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more