テーマ:山野草

ササユリ&ハナウド

猪名川沿いで ササユリ(笹百合) ユリ科  日本を代表するユリです。  中部地方から四国 九州にかけて分布する。  花は普通淡紅色ですが、紅紫色や白色もあります。  芳香があります。 ハナウド(花独活) セリ科  猪名川沿いで見るのは初めてです。  先に貼り付けた武庫川のようにおおくはありませんが、ちいさく群…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

アサザ&オカトラノオ

近所 アサザ(浅沙) ミツガシワ科  ガガブタの仲間です。 畑のなかの貯め池に生えていました。  夏 黄色の5弁花を咲かせます。 花は朝開き 昼には閉じてしまいます。  咲くのは晴れた時だけで、曇りや雨の日は咲きません。 オカトラノオ(丘虎の尾) サクラソウ科  花壇に咲いていたものです。
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

ウスベニチチコグサ、シロバナマンテマ、アクシバ&ハハコグサ

甲山森林公園 ウスベニチチコグサ キク科  アメリカ 原産  チチコグサの仲間 帰化植物でおおいです。  高さ20~50cm 全体に白軟毛におおわれています。  筒状花 紅色です。 シロバナマンテマ ナデシコ科  ヨーロッパ 原産  花期 5~6月 花は白色から淡紅色です。  全体に開出毛が…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ヒナギキョウ、ヒナキキョウソウ&キキョウソウ

甲山森林公園の植物観察会に参加  植物の観察会に入る前に 教室で 植物の特徴についての話を聞いて  後 観察に移ります。 名前自体が紛らわしく 混乱しそうです。 ヒナギキョウ(雛桔梗) キキョウ科  日本に昔からある野花です。  雛の名前にふさわしく可愛い花です。 ヒナキキョウソウ キキョウ科 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ハルユキノシタ、トウゴクシソバタツナミソウ&ナツハゼ

武田尾 ハルユキノシタ(春雪の下) ユキノシタ科  和名はユキノシタに似ていて 開花が早いことによります。  花弁は5枚 で下の2枚が大きく目立ちます。  上の花弁は黄色の紋があります。 ユキノシタは紅い紋が入ります。 トウゴクシソバタツナミソウ(東国紫蘇葉立浪草) シソ科  この種は変異がおおく 少しの違いで別…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ハナウド、カワラマツバ&ウグイスカグラ

JR道場駅近辺 ハナウド(花独活) セリ科  武庫川の川原に 群れて咲いていました。  遠くからでも白い花 よくわかります。 カワラマツバ「(河原松葉) アカネ科   川原に花独活 土手には カワハラマツバが生えていました。 ウグイスカグラ(鶯神楽) スキカズラ科  沢山の紅い実を残していました。 これだけ赤…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

トキソウ、ハコネウツギ、コアジサイ&シャリンバイ

甲山公園 トキソウ(朱鷺草) ラン科  湿地帯に生えます。  ここでは初めて出会いました。1輪だけ咲いていました。 ハコネウツギ(箱根空木) スイカズラ科  白い花が次第に赤い色に変わります。 コアジサイ(小紫陽花) ユキノシタ科  装飾花がありません。  梅雨が近くなると 淡い紫色の美しい花咲かせます。…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

瀧樹神社 ユキワリイチゲ

孫の入学祝で滋賀県にいる娘の家に来ました。 近くの瀧樹神社に雪割一華が咲いているとの情報を頼りに訪ねました。 神社の境内に 群生するユキワリイチゲ 見事な姿を見せてくれました。
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

イカリソウ、ウグイスカグラ&カギカズラ

京都府立植物園 生態園 イカリソウ メギ科  名札が無く 品種名定かでないです。  ヒメイカリソウのようにも思いますが 断定しかねます。 ウグイスカグラ(鶯神楽) スイカズラ科  小さい紅い花咲かせています。  鶯のさえずりも聞こえるころになりました。 カギカズラ(鉤葛) アカネ科  カギ針状に湾曲し…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

バイカオウレン&セリバポウレン

京都府立植物園 生態園 バイカオウレン(梅花黄蓮) キンポウゲ科  梅の花に似た白い5弁の清楚な花咲かせます。  別名 五加葉黄蓮とも言います。 セリバオウレン(芹葉黄連) キンポウゲ科  白い長いのが萼で 5個  短い白いのが花弁 8~10個です.。
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

エーデルワイス&チャボリンドウ

さくやこの花館 高山植物室 エーデルワイス Edelweiss キク科 世界で最も愛されている花のひとつでしょう。  雰囲気が素敵です。 チャボリンドウ Gentiana acaulis リンドウ科  アルプス山脈やピレネー山脈に分布 アルプスに咲く青いリンドウ ゲンチアとも呼ばれています。  エーデル…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

高山植物室(4)

桜の季節が間もなくやってきます。 恒例の「エドヒガンを観るウオーキング」を今年も企画し歩友に案内を送りました。 早々に心待ちにしているとのメールが届きました。 御礼にと ビバルデイの「四季」から春 が youtubeで添えられてきました。 春本番を迎えますね。 さくやこの花館 エゾノハナシノブ ハナシノブ科 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

高山植物室(3)

さくやこの花館 アンドロサーセ センペルビレンス サクラソウ科  詳しいこと不明 レブンコザクラ(礼文小桜) サクラソウ科  礼文島 自生  ユキワリソウの変種です。 ミヤマオダマキ(深山オダマキ) キンポウゲ科 ハヤチネウスユキソウ(早池峰薄雪草) キク科  岩手県 早池峰山の高山帯にのみ生育する固…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

西谷の森公園

アケボノアセビ(曙馬酔木) ツツジ科  ほんのりとピンクのかかったアケボノアセビ いい雰囲気です。 西谷の森にやっと春の足音が聞こえます。 コハコベ  ナデシコ科  花柱は3本 雄蕊は4本 ぐらい  茎は紫色を帯び 片側に毛が生えます。 ヒメオドリコソウ(姫踊リ子草) シソ科   フキノトウ
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

高山植物(2)

さくやこの花館 高山植物室 ミヤマアズマギク(深山東菊) キク科  アズマギクの高山型 変種です。 キクバクワガタ(菊葉鍬形) オオバコ科 (以前はゴマノハグサ科)  北海道と千島列島 分布  4深裂した 花冠から長い1本雌蕊と2本の雄蕊がつき出ています。   モミジカラマツ(紅葉唐松) キンポウゲ科 葉が…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

高山植物室

さくやこの花館 高山植物室 アナファリス トリプリネルビス Anaphalis triplinervis キク科  ネパール 原産  高山の岩礫地に生える ヤマハハコの仲間です。  花期 7~8月 キバナクロユリ(黄花黒百合) ユリ科  黒百合の変異個体です。  黒百合のままがいいようです。 ナニワズ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

さくやこの花館(16)

クマガイソウ(熊谷草) ラン科  袋状のユニークな蘭です。 ゲラニウム サンギネウム Geranium sanguineum フロウソウ科  別名 曙フウロソウ  欧州~コーカサス 分布 茎は這うか立ち上がり よく分枝して、全体に毛がおおいです。 エロデイウム バリアビレ フウロソウ科 Erodium…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

京都府立植物園 温室の花(7)

ピナンガ クーリー Pinanga kuhlii ヤシ科  ジャワ スマトラ 分布 パキスタキス・コッキネア Pachystachys coccinea キツネノマゴ科  紅珊瑚花 とも呼ばれます。  夏から秋にかけて花茎をのばし 苞の間から真っ赤な花を咲かせます。 ネマタンツス グレガリウス Nema…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

京都府立植物園 温室の花(6)

メヂニラ クラサタ Medinnilla crassata  ノボタン科  ヒイリッピン 原産 別名 シャンデリアプラトン   花房がたくさんぶら下がる様はシャンデリア そのものです。 酔竜 セロペギア サンダーソニー Ceropegia sandersonii ガガイモ科  傘状のふたがついた花形です。 …
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

京都府立植物園 温室の花(2)

 リュエリ・マコヤナ Ruellia makoyana キツネノマゴ科 筒状の薄紫の花を咲かせます。  葉の白い筋が目立ちます。 ダルシャンピア・レーツリアナ Dalechampia roezliana トウダイクサ科  別名 ケショウボク  原産 メキシコ  花には花弁がなく 祖の下の苞が大きく美しい…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

京都府立植物園 温室

ツンベルギア・マイソレンシス キツネノマゴ科  原産 インド南部  花は長さ40~100cmの総状花序を下垂します。  花冠裂片は暗褐色で基部は濃黄色、大きく開いた花筒内部は濃黄色です。  苞も暗褐色で蕾のときから美しいです。  訂正します。 名札間違えました。  ペリストロフェ ヒッソピフォリア Perist…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ヤリノホクリハラン、イワガネゼンマイ、イノモトソウ&タマシダ

京都府立植物園で ヤリノホクリハラン(槍の穂栗葉蘭) ウラボシ科  九州(南部~沖縄 分布  立ち姿がすらりと目立つシダです。 イワガネゼンマイ(岩ケ根薇) ホウライシダ科  似たものにイワガネソウがあります。  葉の先が急にほそくなるのがイワガネゼンマイです。  イワガネソウは葉先がしだいに細くなります。 …
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

ナガバハグマ、イチゴノキ&サネカズラ

京都府立植物園で ナガバハグマ(長葉白熊) キク科  沖縄本島 分布  山地の渓流沿いに生えます。  花期 11~12月 イチゴノキ ツツジ科  地中海と西ヨーロパ に分布 花と実が同時に見られます。 サネカズラ(実葛) マツブサ科  美男葛とも言う。 つるから粘液をとって整髪料にしたためであ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

クチナシ、ミツマタ&カシワバハグマ

京都府立植物園で クチナシ(梔子) アカネ科  果実が熟しても割れないので「口無し」と名がついたという説もあるようです。  乾燥した果実は古くから黄色の着色料として用いられています。  発酵させると青色の着色料にもなるようです。  最近公園などに植栽されるものは八重のものが多く 実がなりませんです。 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

トキワシノブ、ヒトツバ、オオヒトツバ&モミジヒトツバ

京都府立植物園で トキワシノブ シノブ科  常緑性のシダです。  シダ植物らしい切れ込みのある葉が涼しそうです。 ヒトツバ ウラボシ科  単葉の葉をもつシダ植物でで 岩などに着生いたします。 オオヒトツバ ウラボシ科  台湾や中国 南西部に分布  山地の岩の上などに着生するシダ植物です。 モミジヒトツバ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

シンフォリカルプス&ツルシキミ

京都府立植物園で シンフォリカルプス オルビクラツス(symphoricarpos orbiculatus) スイカズラ科 原産 北アメリカ  開花時期 7~9月 ピンク色の花を付けます。  結実 9~11月 直径6~8mmの紅紫色に熟します。  実は冬になっても落ちずに残ります。    symphoricar…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

さくやこの花館(13)

残り物 かき集めて貼り付けました。 エバクリス・ロンギンフロラ Epacris longiflora エバクリス科  オストラリア 原産  オーストリアでも冬にあたる6月ごろに咲きます。    灌木で最大1.5mになります。  花は名が示すように長い花です。 ゲンチアナ・ベルナ Gentiana verna …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

シクラメンヘデリフォリウム、ハエトリソウ、フクロユキノシタ&ウサギゴケ

さくやこの花館(12) シクラメンヘデリフォリウム サクラソウ科   シクラメンの原種です。  地中海沿岸に分布 ハエトリソウ モウセンゴケ科  北アメリカ 原産  葉を素早く閉じて獲物を捕食します。 食虫植物です。  英語Venus Flytrapは 「女神の蠅取り罠」で 2枚の葉の縁のトゲを女神のマツ毛に見…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ヒマラヤの青いケシ

さくやこの花館(11) メコノプシス・ベトニキフォリア ケシ科  秘境の花 ヒマラヤの青いケシです。  ヒマラヤ~中国西部 標高3000~5800m 分布  現地では6~9月に咲きます。  ただモンスーンの吹く雨季ということもあって 容易に見ることはできないようです。  さくやこの花館では 一年を通じて見られ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more