テーマ:風景

五月山

ニワトコ  果実 赤く熟しますが、味は青臭いです。 ネコノメソウ  花芽がまだ小さいです。 コクサギ  匂いを振りまきます。 ヒメカンスゲ 春霞の向こうに六甲山が見れます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五月山

市民の森 広場 いつもここまで来て引き返します。 キュリグサ  少し草花が見られるようになりました。 ネコノメソウ まだ開きかけです。 ニワトコ   枝先に小さい花芽が見られます。 六甲山 市民の森広場よりの眺め シナマンサク  公園の花壇のもの
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五月山

快晴 肌寒さはありますが、防寒服に身を包み 出かけてみました。 植物の動きは認められません。 立春も過ぎました。だんだん暖かくなるでしょう。 六甲山  市民の森の広場よりの眺めです。 イヌビワ コウヤボウキ ヤマコウバシ 市民の森 広場
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

森の休憩所 エドヒガンの群生地です。 ノジギク(野路菊) キク科 少し残っていました。 兵庫県の花です。 マンリョウ(満両) ヤブコウジ科 クロモジ(黒文字) クスノキ科 冬芽の姿です。 両側は花芽 真ん中は葉芽です。 猪名川
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

コバノガマズミ レンプクソウ科 この森には多くのコバノガマズミの木があり紅い実が残っています。 マユミ(真弓) ニシキギ科 かわいいピンクの果実が残っていると喜んだのですが、種子は鳥に食べられ空でした。 ヤマコウバシ(山香し) クスノキ科 枯葉を\春まで残しますので 写真の材料を提供してく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

ガマズミ レンプクソウ科 紅い実たくさん見られます。 小鳥たちが押し寄せてくるでしょう。 ナツハゼ(夏黄櫨) ツツジ科 黒い果実 少し癖がありますが、おいしいようです。 カラスウリ(鳥瓜) ウリ科 フユイチゴ(冬苺) バラ科 このあたりの里山ではどこでも見られます。 森 初冬の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川西市 黒川

何度も登場したものばかりですが、時と場所が異なれば見れるでしょう。 ヤブムラサキ(藪紫) クマツヅラ科 黄色の葉をまきながら 落としてゆきます。 カマツカ(鎌柄) バラ科 果実は薄甘いです。 果柄には皮目が多いです。 ヨメナ(嫁菜) キク科 秋の名残を告げます。 ガマズミ レンプクソウ科 葉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

能勢妙見山

ヤマジソ(山紫蘇) シソ科 ヒメジソに似ています。ヒメジソは花の数を多くつけますね。 ヤマコウバシ(山香し) クスノキ科 黒い果実も見られました。枯葉来春まで残ります。 タカノツメ(鷹の爪) ウコギ科 あちこちでタカノツメの黄葉を多く見かけます。 イナカギク(田舎菊) キク科 野菊も終わりです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿い

フジバカマ(藤袴) キク科 赤紫の花 優しく咲いていました。 乾燥させると芳香があるようです。 ノコンギク(野紺菊) キク科 里山の道端にも多く見かけます。 ベニバナボロギク(紅花襤褸菊) キク科 若菜をおしたしにして食べたことがあります。柔らかくておいしかったです。 猪名川
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

川西市 黒川

マツカゼソウ ミカン科 オモダカ(面高) オモダカ科 種子と球茎で増えます。 花は朝開き、夕方にしぼみます。 アメリカオニアザミ キク科 カラスザンショウ ミカン科 訂正いたしました。 リフト
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ナツフジ(夏藤) マメ科 フジを小さくしたような花を咲かせ可愛いです。 キンミズヒキ(金水引) バラ科 ツメレンゲ(爪蓮華) 石崖に多く見られます。 ヒメドコロ(姫野老) ヤマノイモ科 ガンクビソウ(雁首草) キク科 タケダオ 杯線跡
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川

ヒメヒオウギスイセン(姫檜扇水仙) アヤメ科 ノカンゾウ ユリ科 珍しく一重のノカンゾウが見つかりました。 ヤブラン(藪蘭) ユリ科 ヤブミョウガ(藪茗荷) ツユクサ科 葉だけ見ると茗荷にそっくりです。 チャノキ(茶の木) ツバキ科 一本だけ川沿いに生えていました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿い

ヤブカンゾウ ユリ科 ノカンゾウはみかけませんが、ヤブカンゾウはよく見かけます。 セリ(芹) セリ科 群れて咲いていました。 ヤブミョウガ(藪茗荷) ツユクサ科 猪名川 濁流が川幅いっぱいに広がり流れます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

能勢妙見山の紫陽花

普段はケーブルでのぼりり あと歩いて登るのですが、アジサイが満開でしたので リフトで登りました。 リフト下のアジサイが見ごろを迎えていました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川

イヌゴマ シソ科 茎には下向きのトゲがあり、触るとザラザラする。 ヒルガオ(昼顔) ヒルガオ科 オヤブジラミ(雄藪虱) セリ科 ナツハゼ(夏櫨) ツツジ科 果実8~10月に黒く熟します。甘酸っぱく食べられます。 猪名川
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川

ソクズ スイカズラ科 川原に群生していました。 ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科 チチコグサモドキ(父子草擬) キク科 ウツボクサ シソ科 花穂を矢を入れるウツボに見立てたものです。 猪名川
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

五月山

クマノミズキ(熊野水木) ミズキ科 ムラサキシキブ(紫式部) クマツヅラ科 ミヤマガマズミ レンプクソウ科 たくさんの果実が見られます。 クララ マメ科 毒を含みます。 ツユクサ(露草) ツユクサ科 夏の花が咲き始めました。 市民の森 展望台より 大阪空港が見えます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

ムラサキニガナ(紫苦菜) キク科 か細い茎に紫の花がつきます。 ドクダミ ドクダミ科 どこにでもはびこりますが、山で見るドクダミ 一味異なるようです。 ヒメコウゾ(姫楮) クワ科 キダチコマツナギ(木立駒繋) マメ科 中国 原産 武田尾の 武庫川
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

猪名川沿いの森

ササユリ(笹百合) ユリ科 花色はピンクから白色まであります。 中部地方以西に分布 します。 ネジキ(捩木) ツツジ科 コマツヨイグサ アカバナ科 ? 自信ありません。わかる人教えてください。 キランソウ (金瘡小草) シソ科 コバノガマズミ レンプクソウ科 朝の猪名川
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

朝の散歩

ハナウド(花独活) セリ科 河原に生えていました。 キショウブ(黄菖蒲)」 アヤメ科 チチコグサモドキ(父子草擬) キク科 ノアザミ(野薊) キク科 猪名川 朝日に照らされた川 さわやかです。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

五月山

コクサギ(小臭木) ミカン科 全体に匂いがあります。臭い匂いとは思いません。 谷沿いに生えていました。 ヤマネコノメソウ(山猫の目草) ユキノシタ科 茶褐色の目が入りました。 ムラサキケマン(紫華鬘) ケシ科 エドヒガン(江戸彼岸) バラ科 大きなエドヒガンがまだ花開いていました。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川

石灯籠のある里山 日本一の里山 ナワシログミ(苗代茱萸) グミ科 アセビ(馬酔木) ツツジ科 里山に自生するアセビの花 かわいいです。 畑の隅に植えられた梅です。 白梅 紅梅
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

春の訪れを告げる花が咲き始めました。 ネコヤナギ(猫柳) ヤナギ科 黄いろの花が見られ始めました。 ユキワリイチゲ(雪割一華) キンポウゲ科 スプリング エフェメラル 春の妖精といわれる 一つです。 花が終わると 夏の初めには地中に潜みます。 ウグイスカグラ スイカズラ科 まだ鶯のさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猪名川のネコヤナギ

近年 川岸の護岸工事が進み河原の植物はすたれつつあります。 猪名川のネコヤナギが春の到来を告げています。 灰銀色の花穂 僅かに赤みを帯び始めたものが見られます。 猪名川
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高知での散歩

タイワンホトトギス 里山の斜面に多くみかけました。 シロヨメナ ノコンギク 浦戸大橋 御畳瀬漁港から見た浦戸大橋です。 浦戸大橋の右の奥が桂浜です。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more