猪名川沿いの森

キランソウ (金瘡小草) シソ科 別名 ジゴクノカマノフタ 根生葉が地面に貼り付くように広がることによる。 サルトリイバラ(猿捕茨) ユリ科 ヤマブキ(山吹) バラ科 一重のヤマブキは実がなります。 オランダガラシ アブラナ科 別名 クレソン ウマノアシガタ(馬の脚形) キンポウ…
コメント:4

続きを読むread more

近所のゴルフ場の周囲 ウオーキング

緊急事態宣言がなされ、公共の交通機関を利用しての外出は控えています。 近くのゴルフ場の周囲を一周してみました。10km以上歩いたと思います。 コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅) ツツジ科 石切山全体にコバノミツバツツジが生えています。 ノゲシ キク科 ノヂシャ スイカズラ科 ヨーロッパ 原産 欧…
コメント:4

続きを読むread more

五月山

コクサギ(小臭木) ミカン科 全体に匂いがあります。臭い匂いとは思いません。 谷沿いに生えていました。 ヤマネコノメソウ(山猫の目草) ユキノシタ科 茶褐色の目が入りました。 ムラサキケマン(紫華鬘) ケシ科 エドヒガン(江戸彼岸) バラ科 大きなエドヒガンがまだ花開いていました。 …
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園 スミレ

スミレは難しいです。じしんはありません。 シハイスミレ アリアケスミレ タチツボスミレ ナガバタチツボスミレ ニオイタチツボスミレ ノジスミレ 訂正いたします。 なおさんありがとうございました。
コメント:6

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

ショウジョウバカマ(猩々袴) ユリ科 和名 花を猩々の赤いい顔 葉を袴に見立てたものです。 ツクバキンモンソウ(筑波金紋草) シソ科 太平洋側に多く分布する。よく似たニシキゴロモは日本海側に多いです。 ムラサキサギゴケ(紫鷺苔) ゴマノハグサ科 カキドオシ(垣通し) シソ科 タチイヌノフ…
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

タムシバ モクレン科 山のあちこちに白い花が見られます。 ナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺) バラ科 里山ではふつうにみられます。橙黄色の苺がなります。 センボンヤリ(千本槍) キク科 秋の閉鎖花をやりに見立てたものです。 カンサイタンポポ キク科 やや小さい目のタンポポです。
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園 前庭

シダレザクラ(枝垂桜) バラ科 エドヒガンの四方に伸びる性質を利用して枝垂れにしたものです。 ソメイヨシノより早くに咲きます。 リキュウバイ(利休梅) バラ科 中国 原産 エドヒガン(江戸彼岸)バラ科 ソメイヨシノより早くに花開きます。 ノジスミレ(野路菫) スミレ科 道路際によく生え…
コメント:4

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

ムラサキケマン(紫華鬘) ケシ科 紅紫の花 春の里山で よく目立ちます。 コバノガマズミ レンピクソウ科 蕾が見られます。 オオシマザクラ(大島桜) バラ科 緑の葉と白い花のバランスがすてきです。 クサイチゴ(草苺) バラ科 果実は甘いです。里山ではふつうにみられます。 ヤマツツジ …
コメント:4

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

ナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺) バラ科 6~7月に橙黄色のイチゴがみられます。食べれます。 コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅) ツツジ科 今里山で多く見かけます。 ヤマザクラ(山桜) バラ科 カンサイタンポポ キク科 タチツボスミレ(立坪菫) スミレ科
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川

ネコノメソウ(猫の目草) ユキノシタ科 果実ができるころになると、深く細く裂開し「猫の目」になります。 このころには葉が黄色から緑色に変わります。 タガラシ(田辛し) キンポウゲ科 水田や溝に生えます。生えると田を枯らすともいわれます。 クロモジ(黒文字) クスノキ科 クサボケ バラ科 小枝に…
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川

ヤマルリソウ(山瑠璃草) ムラサキ科 いつもは桜が終わった後に咲くのですが 同時に咲き出しました。 サルトリイバラ(猿捕茨) ユリ科 花は地味ですが、赤い実が楽しめます。 カキドオシ(垣通し) シソ科 垣根を通過して広がるといわれています。 キブシ キブシ科 縄暖簾も立派になりました。
コメント:4

続きを読むread more

能勢電 妙見の森

能勢妙見山の中腹にあり 里よりエドヒガンの開花5日程遅いです。開花から間がなく全体的にピンクです。 すこしづつ白色に変ってゆきます。 桜谷のエドヒガン 出会いの妙桜 妙なる美しいエドヒガンです。
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川 桜の森

60余のエドヒガンが群生しています。 ボランチアの皆さんが保護活動に努められています。 微笑(ホホエ)み桜 桜の森の盟主といわれる樹令150余年の エドヒガンです。 エドヒガンの種子の果肉には発芽抑制剤が含まれていて 地上に落ちた種子は発芽はいたしません。 鳥に食べられて 遠くにばらまかれて広がります。鳥の胃袋で…
コメント:4

続きを読むread more

庭の花

不要不急の外出を控えなさい・・・・野 花が不足します。 椿 ト伴 妻が大切に育てるツバキです。 ヒヤシンス バイモ ムスカリ チュ-リップ 一つだけ咲き始めたようです。
コメント:4

続きを読むread more

武田尾

アブラチャン(油瀝青) クスノキ科 川沿いに数多くのアブラチャンの木を見かけます。 コバノミツバツツジ ツツジ科 ピンクの花 この時期目立ちます。」 ヤマザクラ バラ科 ニオイスミレ スミレ科 ノゲシ キク科 草花も咲き始めました。
コメント:6

続きを読むread more

武田尾

キブシ キブシ科 蕾から花が咲き始めたようです。 ヤマネコノメソウ ユキノシタ科 湿地に生えていました。 ダンコウバイ(檀香梅) クスノキ科 黄色の花 温かさがります。 ムラサキサギゴケ(紫鷺苔) ゴマノハグサ科 ナガバタチツボスミレ スミレ科
コメント:6

続きを読むread more

五月山

ニワトコ スイカズラ科 春先に咲きだします。春の到来実感できる花です。 ヒサカキ ツバキ科 赤い花 気を付けていると結構あります。 タチツボスミレ スミレ科 ナガバタチツボスミレ スミレ科
コメント:5

続きを読むread more

猪名川のエドヒガン

エドヒガン 川西市の天然記念物に指定されています。 北摂の山にはエドヒガンが 散見されます。 花 最初はピンクで白色になり最後 薄墨色になります。 古木になるほど 深みのある美しさを見してくれます。
コメント:4

続きを読むread more