庭の花

外出自粛で 庭の花の登場です。 すべて妻が管理しています。 私 noタッチです。 コデマリ チューリップ ? アイリス ミヤコワスレ エビネ
コメント:4

続きを読むread more

五月山

ジュウニヒトエ(十二単) シソ科 花が幾重にも重なって咲く様子を昔の女官の衣装の見立てたものです。 ウラジロノキ(裏白の木) バラ科 葉の裏が真白です。 マムシグサ(蝮草) サトイモ科 偽茎のまだら模様から連想したものです。 コバノガマズミ レンプクソウ科 ニワトコ スイカズラ科 花や葉…
コメント:4

続きを読むread more

ゴルフ場 周辺

間違って出してしまいました。 後日出す予定の記事です。 コバノガマズミ レンプクソウ科 平地に近いところでは多く見かけます。 キツネノボタン(狐の牡丹) キンポウゲか ニガナ キク科 オヤブジラミ(雄藪虱) セリ科 茎は紫色を帯びます。 ムラサキケマン ケシ科
コメント:4

続きを読むread more

五月山

クロバイ(黒灰) ハイノキ科 由来 クロバイの 灰を染色の触媒に使用したことによります。 ウラシマソウ(浦島草) サトイモ科 浦島太郎が釣り糸を垂らしている姿に見立てたものです。 ガマズミ レンプクソウ科 ミツバツチグリ? イヌビワ(犬枇杷) クワ科 オスの果実はかたくてたべれません。
コメント:4

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

コバノガマズミ レンプクソウ科 この森には多く見かけます。 スノキ (酢の木) ツツジ科 葉をかむと酸っぱいのでつい名です。 モチツツジ ツツジ科 花や葉に触れると粘ります。 ガマズミ レンプクソウ科
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

トリガタハンショウヅル(鳥形半鐘蔓) キンポウゲ科 高知県の鳥形山で発見されました。 アリアケスミレ(有明菫) スミレ科 白色から紅紫色まで変化に富む花の色を「有明の空」にたとえたものです。 ツクバキンモンソウ(筑波金紋草) シソ科 ヒメカンアオイ(姫寒葵) ウマノスズクサ科 ギフチョウが卵を産…
コメント:6

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

ミヤマガマズミ (味山がまずみ) レンプクソウ科 キランソウ(金瘡小草) シソ科 地面にへばりつくように広がります。 ウリカエデ カエデ科 ありふれた木ですが、花時は美しい姿を見せます。 スミレ スミレ科 濃い紫色が美しいです。 日本のスミレの代表です。 サルトリイバラ(猿捕茨) ユリ…
コメント:4

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

ヒメハギ(姫萩) ヒメハギ科 お目当ての花 咲いていてくれました。 日当たりのよい道端に生えていました。 名前の由来 小さい紅紫の色の花がマメ科の萩に似ているのでつい名です。 ショウジョウバカマ(猩々袴) ユリ科 まだ残っていてくれました。 シハイスミレ(紫背菫) スミレ科 三角形状の葉 裏面が紫…
コメント:6

続きを読むread more

能勢妙見山

トウダイクサ(燈台草) トウダイクサ科 全体の形が油を入れた皿を置く昔の燈台に似ていることによる。 ミヤマハコベ(深山繁縷) ナデシコ科 ノゲシ キク科 道端に見かけます。 ウグイスカグラ(鶯神楽) スイカズラ科 ブナ(橅) ブナ科 頂上にブナの原生林が広がっています。 ボランチアの皆…
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川

ノアザミ(野薊) キク科 蕾の紅色が美しいです。 ニガイチゴ バラ科 果実は甘いです。 ハクサンハタザオ(白山旗竿) アブラナ科 北摂の山には多くみられます。 サルトリイバラ(猿捕茨) ユリ科 ダンコウバイ(檀香梅) クスノキ科 花後の姿です。 桜の森 エドヒガンの森も新緑に…
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川

ヤマルリソウ(山瑠璃草) ムラサキ科 山の木陰に生えていました。株から次々に花が開きます。 ミツバアケビ (三葉木通) アケビ科 濃い赤紫の花です。 カマツカ バラ科 別名 ウシコロシ 蕾ができています。 花は白い小さ花が丸い形状になります。 サンショウ(山椒) ミカン科 キラン…
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川

ウワミズザクラ(上溝桜)バラ科 コップを洗うブラシのような形しています。 秋に黄色~赤黒の果実が実ります。果実酒を作ったことがあります。 カナクギノキ クスノキ科 名前の由来 釘のことでなく、樹皮の鹿の子模様 がなまったといわれています。 コバノガマズミ レンプクソ科 キr\ツネノボタン キンポウゲ科 …
コメント:4

続きを読むread more

武田尾

ヤブザンザシ ユキノシタ科 地味な花です。果実は赤いですが、苦くて食えないようです。 個体数少ないようです。 アケビ(木通) アケビ科 廃線跡の道に多く見かけます。 ナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺) バラ科 果実は6~7月 橙黄色に熟し食べれます。 ムラサキケマン ケシ科
コメント:6

続きを読むread more

武田尾

イブキシモツケ(伊吹下野) バラ科 白い小さな花が丸く形を作ります。 葉の表面いしわが多いので 類似種とは見分けやすいです。 サルトリイバラ(猿捕茨9 ユリ科 ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺) バラ科 モチツツジ ツツジ科 花や葉に触れると粘るので見分けやすいです。 ミヤマハコベ(深山繁縷) ナデシコ…
コメント:4

続きを読むread more

武田尾

ヤマブキ(山吹) バラ科 トウグミ(唐茱萸) グミ科 果実は渋みがすくなく、美味しいです。 キケマン (黄華鬘) ケシ科 コバノガマズミ レンプクソウ科 蕾が膨らみかけました。 ヤマザクラ バラ科 花が終わり 葉桜です。
コメント:6

続きを読むread more

武田尾

スノキ ツツジ科 よく似たナツハゼはよくみるのですが、スノキ 数が少ないように思います。 キブシ キブシ科 花が開き始めました。 湿り気と日蔭を好みます。 ウリカエデ カエデ科 ありふれた樹木ですが、雄花が可愛いです。 ヤマネコノメソウ(山猫の目草) ユキノシタ科 カスミザ…
コメント:4

続きを読むread more

武田尾

緊急事態宣言が全国に出され、コロナ騒動長期間に わたる様相を呈しています。 妻に送り迎えをしてもらい 武田尾の廃線敷を歩いてみました。 イカリソウ(碇草) メギ科 急な斜面に生えていました。 キランソウ(金瘡小草) シソ科 オオアラセイトウ 別名 ハナダイコン 中国 原産 オオシマザクラ…
コメント:4

続きを読むread more

近所の里山

ムラサキケマン ケシ科 ジロウボウエンゴサクとかきましたが、訂正いたします。 なおさんありがとうございます。 葉が2~3羽状に細かく避けていました。ムラサキケマンの特徴です。 ウマノアシガタ(馬の脚形) キンポウゲ科 ヤマネコノメソウ(山猫の目草) ユキノシタ科 ヤマナシ ? ハクサンハタザオ(…
コメント:4

続きを読むread more

猪名川沿いの森

ハクサンハタザオ(白山旗竿) アブラナ科 ウグイスカグラ(鶯神楽) スイカズラ科 鶯のさえずりも聞こえてきます。 サンショウ(山椒) ミカン科 コバノガマズミ レンプクソウ科 ネコヤナギ(猫柳) ヤナギ科 その後のネコヤナギの姿です。
コメント:6

続きを読むread more

猪名川沿いの森

イチリンソウ(一輪草) キンポウゲ科 この森でははじめて出会いました。 シハイスミレ(紫背菫) スミレ科 3角形の葉 裏面が紫色です。 クロモジ(黒文字) クスノキ科 満開です。 コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅) ツツジ科 イヌガヤ イヌガヤ科
コメント:4

続きを読むread more