川西市 黒川

キクバヤマボクチ(菊葉山火口) キク科 独特の頭花 が面白いです。 ムラサキシキブ(紫式部) ムマツヅラ科 果実は紫に 葉は黄色になりかけています。 シロヨメナ(白嫁菜) キク科 素朴な野菊 楽しめます。 ハナタデ(花蓼) タデ科 道端を賑やかに飾ります。 エノキ(榎)…
コメント:4

続きを読むread more

川西市 黒川

アオツヅラフジ (青 葛藤) ツヅラフジ科 果実はめだちますが、花は極めて小型です。 コウゾウリナ(剃刀菜) キク科 茎や葉に剛毛があり 触るとざらつきます。 イナカギク(田舎菊) キク科 基部の葉は茎を一部だきます。目印になります。 オトコエシ(男朗花) オミナエシ科 …
コメント:6

続きを読むread more

川西市 黒川

ヤクシソウ(薬師草) キク科 花が終わると、頭花は下向きになります。 サクラタデ(桜蓼) タデ科 花の色が桜に似ていることにより名がつきました。 ノコンギク(野紺菊) キク科 もっとも一般的な野菊です。 キダチコマツナギ マメ科 豆果がたくさんぶら下がっています。繁殖力の強さをものがっています…
コメント:6

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

リンドウ(竜胆)) リンドウ科 花の重みで横倒しになることが多く、地面に沿って伸びています。 アキチョウジ(秋丁字) シソ科 サワヒヨドリ(沢鵯) キク科 赤紫の花 優しく咲きます。 ノササゲ(野小豆) マメ科 黄色の花が紫のさや豆に変わりました。 スイラン(水蘭) キク…
コメント:6

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

センブリ(千振) リンドウ科 訂正いたしました。 なおさん ありがとうございました。 キセルアザミ(煙管薊) キク科 頭花は下向きに咲きます。花が終わると上を向きます。 アキノキリンソウ(秋の麒麟草) キク科 オケラ(朮) キク科 虫のオケラを思い起こさせる姿 ユーモアを感じます。…
コメント:6

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

キクバヤマボクチ(菊葉山火口) キク科 近畿以西の林縁に本種が多いようです。 ウメバチソウ(梅鉢草) ユキノシタ科 ツボミが可愛い姿を見せています。 ツルニンジン(蔓人参) キキョウ科 花には悪臭があり、つるを切ると白い乳液が出てきます。 イナカギク(田舎菊) キク科 素朴な美しさを伝える野菊…
コメント:8

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

テイショウソウ キク科 この時期楽しみにしている花です。 見事な立派な花が咲いていました。 アメリカネジバナ ラン科 北米原産 高速道路建設の際 貴重な花の移植が行われています。その時の一つと思われます。 コウヤボウキ(高野箒) キク科 ワレモコウバラ科 乾燥した根茎は止血剤になります。 …
コメント:2

続きを読むread more

五月山

トキリマメ マメ科 鞘豆と割れて出てきた黒い種子、 黄色の花まで見られました。花は戻り咲きです。 ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)ナス科 緑の果実 赤く熟します。 この実には毒が含まれています。 ヒヨドリが好んで食べるというので名がついたといわています。 鳥は少しなら毒の実を食べることができるようです。 …
コメント:6

続きを読むread more

五月山

シュウブンソウ(秋分草) キク科 春のセツブンソウはかわいく皆さんからチヤホヤされます。 シュウブンソウ いたって地味でめだちません。一般の人で知っている人 ほとんどいないのではないですか。 ヨシノアザミ(吉野薊) キク科 ウラシマソウ(浦島草) サトイモ科? ウラシマソウの花がこのあたりに咲きますので その…
コメント:6

続きを読むread more

川西市

コバノガマズミ レンプクソウ科 赤い果実が可愛いです。 ヤノネグサ(矢の根草) タデ科 写真を撮ったの 初めてでした。 以前から見ていたのに 見逃していました。里山に蓼科の花がごろごろあります。 ハナタデ(花蓼) タデ科 この花も犬蓼と思い込んでいました。 シロヨメナ(白嫁菜) キク科 ソフトで…
コメント:10

続きを読むread more

武田尾

オトコエシ(男朗花) オミナエシ科 花が終わって丸い翼のある果実ができています。 シロヨメナ (白嫁菜) キク科 白い野菊 秋の風情が漂います。 アキノキリンソウ(秋の麒麟草) キク科 ヨシノアザミ(吉野薊) キク科 メナモミ キク科 茎や葉に裏面に開出下長い毛が密生いたし…
コメント:6

続きを読むread more

武田尾

クサアジサイ(草紫陽花) ユキノシタ科 湿った谷沿いに生えていました。 雨に濡れた葉にピンクの花が輝きます。 ヤクシソウ(薬師草) キク科 石崖にはえていました。私のカメラではここまでです。 ノハラアザミ(野原薊) キク科 総苞は粘りません。 コマユミ ニシキギ科 枝に翼がないニシキギを言い…
コメント:6

続きを読むread more

武田尾

アケボノソウ(曙草) リンドウ科 初めて写真を撮りました。 谷沿いに咲いていました。さわやかな花です。 ツメレンゲ(爪蓮華) ベンケイソウ科 石崖に花咲かせています。 クサギ(臭木) クマツヅラ科 赤と藍 の対比が美しいです。 タウコギ(田五加木) キク科 総苞片が大きく 葉のように見えます。 …
コメント:6

続きを読むread more

武庫川沿い

ミカエリソウ(見返草) シソ科 花が美しいのでみんながん振り返ってみるという意味です。 ヤマシロギク(山白菊) キク科 イナカギクと同一にする図鑑もありますが、牧野博士は別にされているので ヤマシロギクといたしました。 タウコギ(田五加木) キク科 総苞片が大きく、小さな葉のようにも見えます。 …
コメント:8

続きを読むread more

JR道場駅 近辺

トキリマメ マメ科 豆果 赤く熟すると割れて 黒い種子が見られます。 ウド ウコギ科 若芽は独特の香気と歯触りから 春の山菜として人気があります。 ノコンギク(野紺菊) キク科 道端のどこにでも見られる野菊です。 オトコエシ(男朗花) オミナエシ科 山際の 斜面にに残っていました。 アメ…
コメント:6

続きを読むread more

JR道場駅 近辺

サワヒヨドリ(沢鵯) キク科 優しい花まだ残っていました。 湿気のある場所で見られました。 サイヨウシャジン キキョウ科 ツリガネニンジンに似ていますが、輪生はいたしません。 アキノキリンソウ(秋の麒麟草) キク科 自生のアキノキリンソウの数が少なくなっています。 ワレモコウ バラ科 里山では…
コメント:6

続きを読むread more

武庫川沿い

カワラマツバ(河原松葉) アカネ科 白黄色の花と細い葉が特徴です。 ナンテンハギ(南天萩) マメ科 葉が南天の葉に似ています。 クサギ(臭木) クマツヅラ科 紅色の咢に光沢のある藍色の果実が美しいです。 ナワシログミ(苗代茱萸) グミ科 花には香りがあり、果実は翌年に熟します。 ハ…
コメント:6

続きを読むread more

川西市 黒川

サクラタデ タデ科 初めてで自信がありませんが、サクラタデといたしました。 アキカラマツ(秋唐松) キンポウゲ科 畑の土手に生えていました。 ヤブマメ(藪豆) マメ科 地中に閉鎖花をつける珍しい生態を持ちます。 ソクズ スイカズラ科 花が終わり、種子に色がつき始めています。 エノキ…
コメント:8

続きを読むread more

川西市 黒川

ハナタデ(花蓼) タデ科 出会っていても見逃しているのでしょう、初めて写真を劣りました。 ハッカ(薄荷) シソ科 ハーブとして栽培されることもおおいのでしょうが、これも初めて写真を撮りました。 マメアサガオ(豆朝顔) ヒルガオ科 北アメリカ 原産 ナワシログミ(苗代茱萸) グミ科 花には茶色の…
コメント:6

続きを読むread more

丸山湿原

スイラン(水蘭) キク科 湿地に咲いています。 ホザキミミカキグサ(穂咲の耳掻草) タヌキモ科 小さな紫色の花をつけます。 ミミカキグサ(耳掻草) タヌキモ科 花が小さく近くによれません。 私のカメラではここまでです。 ウメバチソウ(梅鉢草) ユキノシタ科 ウメモドキ(梅擬) モチ…
コメント:6

続きを読むread more