咲くやこの花館

スパトグロッテイズ ラン科 ポリスタキア・ネオペンサミア ラン科   タンザニア 原産  花には芳香があります。 ファレノプシス・エクエストリス・ロセア  ラン科 マキシラリア・ポルフイロステレ  ラン科 カラテア・クロカータ クズウコン科  ブラジル  原産
コメント:2

続きを読むread more

咲くやこの花館

ホザキキカシグサ ミソハギ科  日当たりのよい水湿地に生えます。  国内では佐賀と熊本 国外 中国(南部 台湾) マレーシヤ ヒマラヤ インド  絶滅危惧種 ⅠA類 指定されています。 カミガヤツリ カヤツリグサ科  ヨーロッパ シリア アフリカ 分布 茎の繊維がパピルス紙の原材料になります。 ヒメショウジョウ…
コメント:4

続きを読むread more

咲くやこの花館

デンドロキルム・コッピアヌム  ラン科  ヒイリピン 原産 デンドロビュム・スペキオスム ラン科  オーストラリア 原産 デンファレ  ラン科 アングレクム・エプルネウム  ラン科  インド洋諸島 熱帯アフリカ南部 ビカクシダ類 ウラボシ科  インド東部 ミヤンマー タイ 分布 樹木に着生するシダ植物…
コメント:2

続きを読むread more

五月山

市民の森 広場 いつもここまで来て引き返します。 キュリグサ  少し草花が見られるようになりました。 ネコノメソウ まだ開きかけです。 ニワトコ   枝先に小さい花芽が見られます。 六甲山 市民の森広場よりの眺め シナマンサク  公園の花壇のもの
コメント:2

続きを読むread more

北雲雀きずきの森

エドヒガン50本 植樹された場所です。 後10年たてば立派なエドヒガンがたのしめるでしょう。 コブシ オオバヤシャブシ 見晴台よりの眺め  大阪の中心街が望めます。
コメント:2

続きを読むread more

武田尾

カワラハンノキ カバノキ科  雄花が垂れ下がり 雌花が小さく立ち上がっています。 アブラチャン クスノキ科  小さな淡黄緑のつぼみができています。  桜の前に咲き出します。 ヤマコウバシ クスノキ科  枝を折るとよい香りが楽しめます。 タケダオ
コメント:2

続きを読むread more

猪名川沿いの森

エドヒガンの群生する森 まだ枯木です。 ウグイスカグラ(鶯神楽)  スイカズラ科  花が少ないときです、ピンクの花かわいいです。 ネコヤナギ(猫柳)  カバノキ科  春の到来を告げています。 猪名川
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園

シーマニア シルウァテイカ イワタバコ科  ペルー ポリビア  原産地 ラバジュリア・ロセア ユリ科  和名 ツバキカズラ  チリ南部 原産  チリの国の花です。 インパチェンス属の1種 ツリフネソウ科 ネマタンツス ブラシリエンス イワタバコ科  ブラジル 原産  花は赤褐色の縞模様があり、星形の紅…
コメント:2

続きを読むread more

庭の花

フキノトウ 柿の木の下に毎年 生えだします。 春到来を告げます。 カンアヤメ クサボケ  枝に棘があります。 ボケ ウメ 寒いところで 遅いですが、やっと見ごろを迎えました。
コメント:2

続きを読むread more

京都府立植物園

アリストロ サルバドレンシス ウマノスズクサ科  原産 中米 何かに似ていませんですか。 プリムラ ナカコ  サクラソウ科   園芸品種 ツノギリソウ イワタバコ科  琉球諸島南部~台湾  分布 フクシア ラフランス アカバナ科  園芸品種 ステノリンコス スペキオスム ラン科  メキシコ~ペル …
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森

ヒメカンアオイ(姫寒葵) ウマノスズクサ科 萼筒は短い筒で暗紫褐色です。 変わった姿しています。 サクラバハンノキ(桜葉榛の木) カバノキ科  雄花が垂れています。  カバノキ科の樹木 風媒花ですので、虫がいない冬でも大丈夫です。 オオバヤシャブシ(大葉夜叉五倍子)  カバノキ科  アセビ(馬酔木) ツツジ科 …
コメント:2

続きを読むread more

神戸森林植物園

マンサク マンサク科 春の陽射しが暖かく感ぜられます。 ヤマコウバシ(山香し) クスノキ科 カリステンモン・バルドスス フトモモ科  オーストラリヤ 原産地 ソシンロウバイ(素心蠟梅) ロウバイ科 蠟細工の黄色の花 春の香りを伝えます。
コメント:4

続きを読むread more

神戸森林植物園

紅梅 コガクウツギ(͡͡小額空木) ユキノシタ科  花は6~7月に咲きます。花後の姿です。 ウグイスカグラ(鶯神楽) スイカズラ科  春に咲く花ですが、咲きだしていました。 セイヨウハンノキ カバノキ科
コメント:2

続きを読むread more

神戸森林植物園

前庭 シナマンサク マンサク科 ツクバネ ビャクダン科  羽根衝の羽根を思わせる果実がぶら下がっていました。 ナンキンハゼ(南京黄櫨)トウダイクサ科  果実が爆ぜ 白い種子が出てくると 小鳥達が押し寄せてきます。  種子には脂肪分が多く小鳥にはごちそうです。 コウヤボウキ(高野箒) キク科  花後の姿です。…
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園

アマゾンユリ ヒガンバナ科  南米コロンビアのアンデス山地 原産地 オオベニゴウガン(大紅合歓)マメ科  別名 カリアンドラ ハエマトケファラ サラカダイビングシス マメ科  Malay半島 原産地  開花 1~4月 小さい黄色の花(萼片)を咲かせます。 カラテア バルセビッチ  クズウコン科  中米~南…
コメント:2

続きを読むread more

神戸森林植物園

スプリング.エフェメラル 春の妖精といわれる花を求めて訪れました。 日曜日でもあり多くの家族ずれで賑わっていました。 スプリング・エフェメラルは 春先に花をつけて 夏まで葉をつけると あとは地下で過ごす 一連の草花を言います。 ユキワリイチゲ(雪割一華)キンポウゲ科 バイカオウレン(梅花黄蓮)  キンポウゲ科 …
コメント:2

続きを読むread more

京都府立植物園

ビナンガクーリー ヤシ科  ジャワ スマトラ 産地 ダイオウヤシ ヤシ科  熱帯アメリカ 原産地  高さ30~40m 径1m以上 ソテツジュ ヤシ科  インド~ベトナム南部 中国南部 分布 ユスラヤシ ヤシ科  高さ23~30m 径10~110cm 葉は長さ3,6m 流線形に垂れ下がります。 …
コメント:2

続きを読むread more

京都府立植物園

ユウクリニア ロンギンフロラ  アカネ科  熱帯 アフリカ  原産地 ヘリコニア ストリクタ オウムバナ科  熱帯アメリカ 南部  原産地 キカス シアメンシス ソテツ科  ミヤンマー タイ ベトナム 分布  h300以上の山地に生えます。  絶滅危惧種Ⅱ類 フイロデンドロン リナエイ  サトイモ科  …
コメント:2

続きを読むread more

京都府立植物園

アンスリウム アムニコラ  サトイモ科  パナマ 原産地 アンスリウム ”センブレ” サトイモ科    園芸品種 ヤエサンユウカ  キョウチクトウ科  園芸品種 ペリカンバナ  ウマノスズクサ科  グアテマラ マンテイル諸島  原産地 アンスリウム スペクタビレ  サトイモ科  コスタリカ  原産地 …
コメント:2

続きを読むread more

五月山

快晴 肌寒さはありますが、防寒服に身を包み 出かけてみました。 植物の動きは認められません。 立春も過ぎました。だんだん暖かくなるでしょう。 六甲山  市民の森の広場よりの眺めです。 イヌビワ コウヤボウキ ヤマコウバシ 市民の森 広場
コメント:2

続きを読むread more

京都府立植物園

ミズヤシ(水椰子)ヤシ科  マダカスカル島 原産地  水生の椰子です。  現地では本種の幹でカヌーを作ってきたそうです。 ビグノニア マグニフイカ ノウゼンカズラ科  パナマ ベネズエラ~コロンビア  分布 キルトスペルマ ジョンストニー サトイモ科   ソロモン 諸島  原産地 サラカデイウエス マメ…
コメント:2

続きを読むread more

京都府立植物園

ケショウボク トウダイクサ科  メキシコ 原産 ベニヒモノキ トウダイクサ科  西インド諸島 ニンファエア  スイレン科  オーストラリア 原産 クレロデンドルム属の1種  シソ科  原産地 不明 チフォノドルム リンドレヤヌム サトイモ科  マダカスカル タンザニア 原産  高さ 3~4mにもなりま…
コメント:4

続きを読むread more

京都府立植物園

ツンベルギア マイソレンシス キツネノマゴ科  インド南部 原産 花筒の内部は黄色で苞は鮮やかな赤褐色デコントラストが美しいです。 ペリストロフェ ヒソッピフォリア "オーレオヴァ リエタガタ“  キツネノマゴ科  園芸品種 プセウデランテムム アクミナティツシムム  キツネノマゴ科  マレーシア 原産 ア…
コメント:2

続きを読むread more

宝塚西谷の森公園

管理棟 トリガタハンショウヅル(鳥形半鐘蔓)  キンポウゲ科 果実の綿毛が残っていました。 コガマ(小蒲) ガマ科 花穂がほころび 風にさらされ飛散してゆきます。 ヒメヤシャブシ(姫夜叉五倍子)カバノキ科  雄花序の冬芽が枝先に その下に葉芽が見られます。 ハンノキ(榛の木)  カバノキ科  カバノ…
コメント:2

続きを読むread more