(U) 里山の写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマコウバシ、ヌバタマ、アブラチャン&イヌビワ

<<   作成日時 : 2018/11/16 22:50   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 12

武田尾

ヤマコウバシ(山香し) クスノキ科
葉が春まで落ちないので 受験生のお守りになったりいたします。

紅い葉 美しい姿を見せます。

画像


ヌバタマ 檜扇の黒い種子です。
短歌の黒や夜の枕詞に使われます。
画像


アブラチャン(油瀝青) クスノキ科
レモンイエロの黄葉 一見の価値ありです。

画像


イヌビワ(犬枇杷) クワ科
まだ緑の果実が見られます。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
当方出入り口にヒオウギが数株生えています。花は咲きましたが、ほとんど実がつきませんでした。朝夕水をやってましたから乾燥のせいでは無く、40℃を超える高気温の日が続いたせいだと思います。
寿々木
2018/11/17 09:16
ヌバタマ、隣のブロックにある駐車場でもできています。毎年、種が落ちて繁殖するので、かなり刈り取られてしまいましたが、今年は種が少ないのでそんな心配はしなくて良さそうです。
長さん
2018/11/17 11:10
こんにちは

黒はすべての色を
その内に秘めて
万物の根源のなる
無門
2018/11/17 18:24
<寿々木>さん
武田尾の檜扇もヌバタマは僅かでした。
ヒオウギの株数も少なくなっていました。
異常な高温のせいかもしれません。
shuuter
2018/11/17 19:02
<長さん>
ヒオウギ 鉢植えにしていますが 今年は花咲かずでした。植え替えをする必要があるようです。
shuuter
2018/11/17 19:04
<無門>さん
こんばんは
ヌバタマ 短歌の枕詞になる 程の黒さ 見事です。自生の檜扇 ここだけしか知りませんです。
shuuter
2018/11/17 19:06
こんばんは
ヌバタマ、ヒオウギの種ですか
枕詞に使われるだけあって
真っ黒ですね^^
すーちん
2018/11/17 20:34
緋扇の種がきらきら光るヌバタマでしたか。
緋扇の花は植物園で見ましたが、種は見たかどうか。
うふふ
2018/11/17 21:00
<すーちん>さん
こんばんは
檜扇の種子 ぬばたまです。
短歌の枕詞に使われるだけの価値ありです。
shuuter
2018/11/17 21:04
<うふふ>さん
檜扇の花は見る機会が多いですよね。
「ぬばたま」は花が咲いても必ずしも種子が実とはかぎりません。
鞘が割れて黒い種子が出てくるまでまたねばなりません。ヌバタマの見る機会少ないわけです。
shuuter
2018/11/17 21:08
 ヤマコウバシの紅葉も陽に透かすとなかなか良い感じになりますね。これから春先まで雑木林で存在感があります。
 万葉のいにしえから歌に詠まれたぬばたまですが、つやつやの黒い実は良いですね。うちでも育てていましたが、今はありません。
なおさん
2018/11/18 04:20
<なおさん>
この時期のヤマコウバシ 素敵です。黒い実少しつけ紅い葉が輝きます。
つやつやの光沢も素敵です。
shuuter
2018/11/18 14:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤマコウバシ、ヌバタマ、アブラチャン&イヌビワ (U) 里山の写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる