(U) 里山の写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS キクバヤマボクチ、イナカギク、ウメモドキ&コバノガマズミ

<<   作成日時 : 2018/10/24 23:09   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 14

宝塚西谷の森 公園

キクバヤマボクチ(菊葉山火口) キク科
近畿以西に多いようです。
和名は乾燥させて葉の裏の毛を集めて 火を起こすときの火口に使ったところから名gがつきました。
画像


イナカギク(田舎菊) キク科
里山に多く見かけます。
画像

ウメモドキ(梅擬) モチノキ科
赤い実落葉後も残り 美しいです。
湿地に多く自生いたします。湿地でなくても育ちます。
画像

ミヤマガマズミ レンプクソウ科
赤い実が優しいです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 昔は火打石の火花を使ったので、こういう着火剤のようなものが重要だったのでしょうね。今ではマッチも少なくなってきたのでしょう。

 山で見るホクチの類は渋い雰囲気ですが、枯れても味わいがありますね。
なおさん
2018/10/25 05:15
キクバヤマボクチ、見られてよかったですね
関東ではオヤマとハバヤマしか見られないようです。
目黒のおじいちゃん
2018/10/25 05:19
<なおさん>
キクバヤマボクチ 毎年楽しみにしている
野花です。花が枯れても味わいある姿を見せてくれます。
登り口に群れて多くd咲き出します。
shuuter
2018/10/25 05:34
<目黒のおじいちゃん>
キクバヤマボクチ 愛知県以西に分布ですね。
なんとも愉快な姿です。
楽しめる野花です。
shuuter
2018/10/25 05:37
お早うございます
ウメモドキもソヨゴも
今可愛らしい実を付けてますね〜^^
すーちん
2018/10/25 07:56
ウメモドキは場所によって実の状態だj変わります、当地植物園でも池の畔では赤くなっていました。
寿々木
2018/10/25 08:45
ウメモドキは実が綺麗なので庭木としても好まれていますね。盆栽にも向いているようです。
長さん
2018/10/25 11:21
<すーちん>さん
こんにちは
ウメモドキ 赤い実遅くまで残っています。
shuuter
2018/10/25 14:28
<寿々木>さん
ウメモドキ にわにしばらくあったのですが、
枯らしてしまいました。夏の日照りにやられたようです。
shuuter
2018/10/25 14:31
<長さん>
日越してきて すぐに 捕りが実を食べに来てくれたらと思い ウメモドキを植えました。
湿地に多く生えるので水分ンを好むのでしょう。
夏にからしたようです。
shuuter
2018/10/25 14:33
こんにちは

火打石は
旅の必需品だった時代
ホクチは大事でしたね
無門
2018/10/25 15:28
〈無門>さん
火は生活必需品でした。その道具になる火口も大切だったでしょう。
小学生の自然体験くれんでも火おこし作業 よく見かけますね。
shuuter
2018/10/25 16:08
秋は赤い実が目立ちます。
鳥たちに食べてもらって、種を遠くまで運んでくれるのを待っているのですね。
自然界は良くできています。
うふふ
2018/10/25 20:57
<うふふ>さん
鳥 赤い実が熟すると食べに来ます。
鳥はあかい実が熟すると 人には見えない紫外線の色でわかるそうです。
甘くなったら食べに来るのです。
shuuter
2018/10/25 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
キクバヤマボクチ、イナカギク、ウメモドキ&コバノガマズミ (U) 里山の写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる