(U) 里山の写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オケラ、オミナエシ、ヤマハッカ&サルトリイバラ

<<   作成日時 : 2018/10/23 22:02   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 14

宝塚西谷の森 公園

オケラ(朮) キク
京都八坂神社の 大晦日 おけら祭りが有名です。
朮の根を入れた たき火がたかれ 縄に火をもらい受け その火で燈明や雑煮に使うと 一年無病息災に暮らせるといわれています。
画像


オミナエシ(女郎花) オミナエシ科
残り花です。自生の女郎花が少ないのが寂しい限りです。
画像


ヤマハッカ((山薄荷) シソ科
ハッカと付きますが ほとんど匂いません。
画像


サルトリイバラ(猿捕茨) ユリ科
西日本では葉が
団子を包むのに使われます。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

元は野の花の女郎花
公園でしか見られなくなりました
無門
2018/10/23 22:34
<無門>さん
セイタカアワダチソウが いたるところで見られます。外来種がはびこりるところではオミナエシは皆無です。
寂しいです。
shuuter
2018/10/23 23:21
 オケラも独特な雰囲気ですよね。昭和記念公園の雑木林では、もうすっかり花が終わってしまっていました。枯れ姿も面白いです。

 サルトリイバラの実も色付いてきて、クリスマスリースに使われることもありますね。
なおさん
2018/10/24 05:09
お早うございます
自生のオミナエシ
見掛ませんねー
男郎花は沢山見られますが
すーちん
2018/10/24 07:43
<なおさん>
オケラ 虫のオケラを連想させます。愛嬌のの有る花です。

サルトリイバラ ナツナル リースを作ったことがあります。赤い実素敵な彩になります。
shuuter
2018/10/24 08:07
<すーちん>さん
おはようございます。
女郎花は 少なくなりました。
男郎花は元気であちこちで見られます。
shuuter
2018/10/24 08:09
オケラの花がきれいにとれましたね。当地植物園では12日に咲き始めでした。サルトリイバラの二枚の葉にダンゴを挟んで蒸したのを子供の頃食べた記憶があります。
寿々木
2018/10/24 08:49
shuuterさん、オケラが祭事に使われますか、
伝統を大切に守っているのですね。
芝餅、以前は柏餅オンリーでしたが近年関東でも販売されるようになり、ありがたい事です。
目黒のおじいちゃん
2018/10/24 09:43
サルトリイバラの葉が団子を包むのに使われますか。葉に光沢があるから団子がくっつきにくいでしょうが、大きな葉ではないのにねー。
長さん
2018/10/24 10:52
<寿々木>さん
朮 愛嬌のある姿をしています。
妻は柏餅をサルトリりバラの葉で包んで作ります。
shuuter
2018/10/24 13:04
<目黒のおじいちゃん>
オケラ祭り 京都の風物詩として 大晦日に着物を着た娘さんが火縄を回しながら家に帰る姿がTVで映し出されます。
shuuter
2018/10/24 13:07
<長さん>
サルトリイバラ大き目の葉を探し団子を包みます。里山で手ごろに手に入るので使われるのでしょう。
shuuter
2018/10/24 13:09
京都に住んでいるブログ友がおけら祭りのことを載せていたのを思い出しました。
日本にはいろいろなお祭りがありますね。
サルトリイバラの葉でつつんだお団子は葉の香りが移るのですか?
興味津々です。
うふふ
2018/10/24 21:34
<うふふ>さん
京都のオケラ祭り 着物を着た娘さんが大晦日の晩に 火縄を回しながら家に帰る姿 京都の風物詩です。
大晦日にTVに映し出されます。
shuuter
2018/10/27 20:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
オケラ、オミナエシ、ヤマハッカ&サルトリイバラ (U) 里山の写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる