(U) 里山の写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS オケラ、ミヤコアザミ、オミナエシ、イナカギク&アメリカセンダングサ

<<   作成日時 : 2018/10/11 22:16   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 13

宝塚西谷の森 公園

オケラ(朮) キク科
愛嬌のある姿です。
画像


ミヤコアザミ(都薊) キク科
アザミとつきますが、トウヒレン属です。
画像


オミナエシ(女郎花) オミナエシ科
自生の女郎花 今年は ここだけしか見れませんでした。
画像


イナカギク(田舎菊) キク科
素朴な親しみの有る野菊です。
画像


アメリカセンダングサ キク科
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
 山で旨いはオケラにトトキ、ということですが、まだオケラの若芽は食べたことがありません。魚のトゲのような苞がおもしろくて独特な姿ですね。
 ミヤコアザミも細身で雰囲気のある姿です。

 咲き残りのオミナエシも風情のある姿ですねえ。
なおさん
2018/10/12 04:59
野趣あふれる秋の花が素晴らしいですね。
平地でも11月下旬のような冷え込みになってきて、秋の深まりを感じます。
よく登場するイナカギク、興味がありますね。
目黒のおじいちゃん
2018/10/12 07:34
オケラ、撮るのが難しい花ですがうまく撮れて流石です。イナカギクとシロヨメナ見分けが難しいです。
寿々木
2018/10/12 08:03
<なおさん>
オケラの若芽おいしいのですか。
公園のオケラみんなの財産 採集できません。
ミヤコアザミ細身で素敵です。
女郎花残り花 貴重です。増えてほしい花です。
shuuter
2018/10/12 08:32
<目黒のおじいちゃん>
秋も深まり秋の花が咲き出します。
イナカギク 温かみの有る野菊です。脇役で頑張ってくれます。
shuuter
2018/10/12 08:35
<寿々木>さん
オケラの姿どことなく愛嬌があります。
シロヨメナ」当方では見かけないのです。 探してみたいです。
shuuter
2018/10/12 08:36
お早うございます
オケラと言えば昆虫
思い出してしまいます^^
イナカギクが可愛いですね^^
すーちん
2018/10/12 09:02
オケラと聞くとこの花より昆虫のオケラを思い出します。子どもの頃は結構近くで見つかったのです。正確にはケラなんですが、オケラと言っていました。
長さん
2018/10/12 09:33
<すーちん>さん
オケラ 昆虫がよく知られていますね。
昆虫のオケラを思い出すのでしょうか、愛嬌の有る花です。
イナカギク 素朴ながら親しみがあります。
shuuter
2018/10/12 14:36
<長さん>
昆虫は ケラのようですが、呼びやすいオケラが俗称として親しまれていますね。
shuuter
2018/10/12 14:43
こんにちは

自生の女郎花
今は花壇でしか
女郎花も見られなく
なってきたんだね
無門
2018/10/12 18:28
《無門>さん
こんばんは
セイタカアワダチソウが広がり在来種が追いやられます。
女郎花 外来種が生い茂るところではみられなくなりました。
外山を回っているとわかります。
shuuter
2018/10/12 18:50
オケラは名前も面白いです。
虫のオケラとは関係ないのですね。
自生の女郎花は珍しいですね。
植物園で見るのは園芸種でしょう。
うふふ
2018/10/12 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
オケラ、ミヤコアザミ、オミナエシ、イナカギク&アメリカセンダングサ (U) 里山の写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる