(U) 里山の写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都府立植物園 温室(10)

<<   作成日時 : 2018/03/06 23:23   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 14

ハイドンツバキ ツバキ科
Camellia amplexicaulis
 亜熱帯の樹林下など暗いところに生えます。
 花は桃紅色で6弁以上あります。
 ベトナムの旧正月テトに飾られます。

画像


サイトコネア パピキアナ  Psychotria poeppigiana
アカネ科

 別名 ホットリッピス  コスタリカ コロンビア
 開花の時期 が近づくと苞が緑から真紅に変化し 人の唇を連想させる外観になります。

画像

キンカチャ(金花茶)  椿科
Camellia chrysantha

 中国広西省 ベトナム
  鮮やかな黄色の花 芳香があります。
画像



ウナズキヒメフヨウ アオイ科
 Malvaviscus arboreus var. mexicanus
 初め上向の花ですが、次第に下向きになります。
 花はひらくことはありません。
画像


ピナンガ クーリー ヤシ科
  pinanga kuhlii
  ジャワ島 スマトラ島 原産
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
 ハイドゥンやキンカチャは日本のツバキとはまた違う趣ですが、それぞれに面白いですね。

 ピナンガクーリーも蛸の足のようで面白い雰囲気ですよね。
なおさん
2018/03/07 05:15
お早うございます
ハイドンツバキ
葉も日本の椿と違いますね
お正月に矢張り飾るんですか
すーちん
2018/03/07 07:30
ホットリップスはなるほどと思う姿です、ウナズキヒメフヨウとヤシ科の植物が同居していますか、大きな温室のようですね。
寿々木
2018/03/07 08:48
ウナズキヒメ以外は初見の花です。ツバキは東南アジアでも自生があるのでしょうか。
目黒のおじいちゃん
2018/03/07 10:48
ハイドンツバキは和名が海棠椿で花弁が厚いのが特徴ですね、
Psychotria poeppigianaは通常、サイコトリア· ペッピギアーナまたはサイコトリア・ペピギアナと表記され、開花が近づくと苞葉な真っ赤になり、唇に似た花として有名です。
長さん
2018/03/07 12:36
ハイドンツバキ、日本のツバキとは花も葉も形が違いますね。
キンカチャもツバキ科でしたか。
名前は聞いたことがあります。
うふふ
2018/03/07 15:30
<なおさん>さん
ハイドンツバキ 日本の椿と趣を異にしますね。特徴があり面白いです。
ビナンガ クーリー ヤシ科とは思えない実をつけます。
shuuter
2018/03/07 18:49
<すーちん>さん
こんばんは
ハイドンツバキ ベトナムの正月に飾られます。楽しい雰囲気になるでしょう。」
shuuter
2018/03/07 18:52
<寿々木>さん
ホットリップス 初めてでした。
人の唇にそっくりです。
大きな温室です。
shuuter
2018/03/07 18:54
<目黒のおじいちゃん>
ハイドンツバキ ベトナムの正月に飾られるので 自生いしていると思われます。
shuuter
2018/03/07 18:55
<長さん>
サイコトリア ペピギアナ 
別名 ポットリップス 熱い唇 です。
花(蕾)は苞の中にあり 開花が始まると中央の部分から白や黄色の花が現れます。
ハチドリなどの花粉媒介者を引き寄せるためにこの形状に進化しました。
shuuter
2018/03/07 19:06
<うふふ>さん
ハイドンツバキや金花茶 ツバキ科ですが日本の椿とは趣を異にします。
特徴のある花ですね。
shuuter
2018/03/07 19:09
こんにちは

樹林下の暗い所にも
情熱の花が
隠れているんですね

無門
2018/03/07 20:01
<無門>さん
ハイドンツバキ 樹木の下の暗いところが好きなようです。花の感じとは異なりますね。
shuuter
2018/03/07 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都府立植物園 温室(10) (U) 里山の写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる