(U) 里山の写真日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都府立植物園 温室(7)

<<   作成日時 : 2018/02/27 23:23   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 10

ハナチョウジ(花丁字) 白花 オオバコ科
 メキシコ 原産

 花は薄い黄白色です。
 花冠の先は4つに裂け横から見ると「丁」の字に見えます。

画像


シャムソケイ(シャム素馨) モクセイ科
 素馨は中国語のジャスミンのことです。

 花には芳香があります。
画像


コプシア フルティコサ Kopsia fruticosa
キョウチクトウ科

 高さ1〜3m 常緑低木
 植物体にはコプシアとよばれるアルカイドが含まれ 古くから狩猟の
 毒矢として用いられました。
画像


アンスリウム アムニコラ Arthurium amnicola
サトイモ科 パナマ 原産

 小川の岩の上に着生し 高さ30cm程になります。
 仏炎苞は淡い藤色で肉穂花序羽赤紫色です。
画像


ヘリコニア ストリクタ Heliconia stricta
バショウ科 
 西インド諸島 〜中央アメリカ 南アメリカ 分布
 
 春から夏にかけて 長い花序を出し 赤色の苞の中に白色と緑の花咲かせます。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 温室にはいろいろ面白いものがあり、興味深いものです。熱帯のジャングルにも矢毒文化がいろいろあるようで、どうやって植物に毒があるのを見つけて利用するようになったのか、というはじめて物語は面白そうですね。
なおさん
2018/02/28 05:05
お早うございます
コブシア可愛らしい花が
咲くのに毒矢に用いられ
るんですね
すーちん
2018/02/28 07:54
黄白色のハナチョウジは初めてです。珍しいですね。アンスリュウムですか、細身のスパシフィラムかと思っちゃいました。流石に京都植物園、珍しいものがたくさんあります。
寿々木
2018/02/28 09:07
ハナチョウジは緋色の花が一般出来て巣が、昨年、黄色いハナチョウジを熱川バナナワニ園で初めて見ました。珍しいもの、やはり府立植物園にもありましたね。ピンクの花もあるそうですが、見たことがありません。
長さん
2018/02/28 09:19
<なおさん>さん
コブシア 可愛い姿しているのに毒矢の毒を含んでいるとは 油断できないです。
shuuter
2018/02/28 18:01
<すーちん>さん
こんばんは
コブシア 毒を含んでいます。
現地の人 毒矢に使ったのですね。
shuuter
2018/02/28 18:03
<寿々木>さん
黄白の花チョウジ 珍しいようですね。
アンスリウム 現地に生えるものは趣があります。
shuuter
2018/02/28 18:05
<長さん>
ハナチョウジ 赤色が一般的です。
黄白の花」爽やかです。
shuuter
2018/02/28 18:11
こんばんは!
キョウチクトウの仲間は有毒のものが多いですね。
お花が可愛いだけになんとなく残念です。
うふふ
2018/02/28 22:04
<うふふ>さん
こんばんは
夾竹桃は有毒植物ですね。
コブシア 可愛い花ですが毒があるのですね。
動物に食べれないように身を守っているのでしょう。
shuuter
2018/02/28 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都府立植物園 温室(7) (U) 里山の写真日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる